wamからのお知らせ

掲載日:2013/11/09

やより賞贈呈式のお知らせ

wamの運営主体・NPO法人女たちの戦争と平和人権基金のもう一つの事業、女性人権活動奨励事業(やより賞)事務局よりお知らせです。

今年のやより賞、贈呈式を12月7日(土)午後1時半より開催します。
どうぞご参加ご予定ください。お待ちしています。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

や よ り 賞 2013 贈 呈 式
どなたもご自由にご参加ください

12月7日(土)午後1時半より 早稲田奉仕園敷地内 AVACO チャペル
参加費無料
主催 NPO法人女たちの戦争と平和人権基金

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

贈呈式:セレモニーとプレゼンテーション

【やより賞】武藤類子さん/日本

1953年福島生まれ。チェルノブイリ原発事故および姉の白血病発症をきっ かけに反原発の活動を開始。養護学校教員を20年務めた後2003年退職し、 自宅であり人々の集う拠点ともなる喫茶店「燦(きらら)」をオープン、再 生可能エネルギーと自然の恵みに依拠した暮らしのモデルを提供してきた。 だが、そのライフワークは原発事故で破壊された。2011年「さようなら原発 5万人集会」でのスピーチが彼女を全国的なリーダーに押し上げる中で彼女 は、この重大事故と子どもの人権の保障について、法的な責任を追及する集 団行動の重要性を強調してきた。

 

【やよりジャーナリスト賞】── 該当者なし

今後の活動へのおおいなる期待を込めて、特別枠として「期待賞」を、 堀切さとみさんへ贈呈致します。

 

【やよりジャーナリスト賞 特別枠「期待賞」】 堀切さとみさん

さいたま市内の小学校で給食調理員として働く。学生時代から、社会問題を 広く訴えるために作られたドキュメンタリーに関心を寄せてきた。2008年 に「市民メディアセンター МediR(メディアール)」の講座を受講し、映 像を使った情報発信の技術を学び、以前から関心のあった、原発に反対する 祝島の映像を『神の舞う島』(20分)として発表。 2011年3月に起きた福島第一原発事故をうけ、チェルノブイリに匹敵するこ の大問題を記録しようと決意。埼玉県に避難した双葉町民を軸としたドキュ メンタリー『原発の町を追われて』を2012年7月に発表し、全国およそ50カ 所で自主上映。2013年7月に続編を発表しながら、原発避難民の置かれた現 状を記録し続けている。

 

──────────────────────────────────

なお、贈呈式会場にて2010年やより賞贈呈者、タヒラ・フィルダスの最新短編ドキュメンタリーの特別上映─日本語字幕なし、概要紹介資料配布─ を予定しています。



開館日・時間

水〜日曜日 13:00〜18:00

閉館日

月・火・祝日・年末年始
※団体でのご来館については事前にご連絡ください。
※展示入れ替え期間は休館です。

入館料

18歳以上:500円
18歳未満:300円
小学生以下:無料
※障がいのある方の付添いは無料。

住所

see map

〒169-0051
東京都新宿区西早稲田2-3-18
AVACOビル2F
Tel: (03) 3202 4633
Fax: (03) 3202 4634
E-mail: wam@wam-peace.org
[ お問い合わせメールフォーム ]

● 報道関係者や研究者の方へ

寄付のお願い