wamからのお知らせ

掲載日:2016/11/15

日本軍「慰安婦」関連公文書のウェブ公開!――公文書タイトルを英語・韓国語に翻訳しました

このたび、wamの新たなプロジェクトとして、日本軍「慰安婦」関連公文書を、日本政府が河野談話発表までに認めたものも含めて、一覧できる形で公開しました。

≫ 日本軍「慰安婦」関連公文書のウェブ公開および、
 公文書タイトルの英語・韓国語翻訳プロジェクトについて

http://wam-peace.org/ianfu-koubunsho/

koubunsho-pageウェブサイトは、日本政府が認定した「慰安婦」関連公文書(「日本政府認定済公文書」)と日本政府が認定していない「慰安婦」関連公文書(「日本政府未認定公文書」)に分け、公文書のタイトルの英語と韓国語への翻訳をリストに併記しています。リストに掲載した画像から、それぞれの公文書の原本データ(PDF)を開くことができます。ぜひ、調査・研究にお役立てください。

これらの公文書から、日本軍「慰安婦」制度は日本軍が立案し、管理し、統制した、軍の後方施設であることが確認できると思います。一方で、これらの公文書は日本軍や政府、あるいは連合国等が作成した資料であり、ここから女性たちが「慰安婦」として受けた苦しみを読み取るのは困難です。権力側にいる男性たちが記録した文書には書かれていない被害にも、ぜひ思いを馳せていただければと思います。

2016年11月15日
アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)


開館日・時間

水〜日曜日 13:00〜18:00

閉館日

月・火・祝日・年末年始
※団体でのご来館については事前にご連絡ください。
※展示入れ替え期間は休館です。

入館料

18歳以上:500円
18歳未満:300円
小学生以下:無料
※障がいのある方の付添いは無料。

住所

see map

〒169-0051
東京都新宿区西早稲田2-3-18
AVACOビル2F
Tel: (03) 3202 4633
Fax: (03) 3202 4634
E-mail: wam@wam-peace.org
[ お問い合わせメールフォーム ]

● 報道関係者や研究者の方へ

寄付のお願い