「慰安婦」問題を知ろう

外国の地方議会「慰安婦」決議

【オーストラリア】ストラスフィールド市議会「慰安婦」決議(2009.3.3 可決)


ストラスフィールド市 2009年3月3日
決議番号59/09(ブレット?ボウエン議員/クォン議員提案)

本議会は、
(a)2009年3月8日の世界女性デーを記念して、いわゆる「慰安婦」とされた女性の苦しみと彼女らの人権と尊厳の回復の重要性を確認する。
(b) 日本政府に以下のことを求める国際社会および宝塚市、清瀬市、札幌市の市議会議員に加わる。
(i)被害者への公式で曖昧でない謝罪をすること
(ii)国際法に従い法的責任をとること
(iii)正確な歴史教育を行い歴史的責任をとること
(c)オーストラリア連邦政府に、(b)の(i), (ii) (iii)が実施されるよう、議会にて早急に動議を採択するよう要請する。
(d) 2009年国際女性デーを祝して、オーストラリアの「慰安婦」サバイバーであるヤン・ラフ・オハーンさんを認知し、支援することを表明する。

本項目は全会一致で決議された。



開館日・時間

水〜日曜日 13:00〜18:00

閉館日

月・火・祝日・年末年始
※団体でのご来館については事前にご連絡ください。
※展示入れ替え期間は休館です。

入館料

18歳以上:500円
18歳未満:300円
小学生以下:無料
※障がいのある方の付添いは無料。

住所

see map

〒169-0051
東京都新宿区西早稲田2-3-18
AVACOビル2F
Tel: (03) 3202 4633
Fax: (03) 3202 4634
E-mail: wam@wam-peace.org
[ お問い合わせメールフォーム ]

● 報道関係者や研究者の方へ

寄付のお願い