所蔵資料の紹介

【 冊子 】

[ ら-ろ ]

ラディカ・クマラスワミ国連報告書 人権委員会決議1994/45にもとづく「女性への暴力に関する特別報告者」による戦時の軍事的性奴隷制問題に関する報告書
日本の戦争責任資料センター、戸塚悦朗、荒井信一(日本の戦争責任資料センター 1996.3)[ 冊子 ]
立法資料 「慰安婦」問題の早期立法解決のために 「戦時性的強制被害者問題解決促進法案」と各国の動き
「慰安婦」問題の立法を求める会編集・作成、「戦時性的強制被害者問題解決促進法案」の立法解決を求める連絡会議編集・作成(「慰安婦」問題の立法を求める会 2009.1)[ 冊子 ]
「龍王宮」の記憶を記録するために 済州島出身女性たちの祈りの場
こりあんコミュニティ研究会「『龍王宮』の記憶を記録するプロジェクト」編、藤井幸之助、本岡祐哉編(こりあんコミュニティ研究会 2011.3)[ 冊子 ]
歴史教育者協議会 第60回東京大会・要綱 2008・8・2~8・4 
歴教協第60回東京大会実行委員会(歴史教育者協議会 2008)[ 冊子 ]
歴史教育者協議会 愛知大会・要項 2010年7月31日~8月2日 名古屋市公会堂 南山高等・中学校
歴史教育者協議会・第62回愛知大会実行委員会(歴史教育者協議会 n/a)[ 冊子 ]
《歴史を逆なでする》博物館のこれまでとこれから 女たちの戦争と平和資料館 公開学習会 2004.6.24
君塚仁彦(女たちと戦争と平和資料館建設委員会 2004.6)[ 冊子 ]
レッツ・コミュニケート! いま、この地球をともに生きるものたちとの交歓、共感、未来の共有のために Let’s Communicate!:For shaning the joy of living on this Earth and for our common future
角田尚子、ERIC国際理解教育センター(ERIC国際理解教育センター 2001.10)[ 冊子 ]
連携研究「アジア認識とジェンダー」シンポジウム 東アジアの『戦後』60年:軍事化とセクシュアリティ 2006年1月7日 <F-GENS Publication Series 18>
「連帯研究『アジア認識とジェンダー』シンポジウム 東アジアの『戦後』60年:軍事化とセクシュアリティ」報告書編集委員会編(お茶の水女子大学21世紀COEプログラム「ジェンダー研究のフロンティア」(F-GENS) 2006.3)[ 冊子 ]
連続ビデオ上映会 日常の中の『レイプ』を考える 
Orange Womanist(Orange Womanist 1989.4)[ 冊子 ]
六十年間の怠慢 消えゆく証言者たち~私たちは何をしてきたのか 2004/1.19 東京経済大学Hazel 学生有志共催(証言集会)
東京経済大学Hazel 学生有志(東京経済大学Hazel 学生有志 2004.1)[ 冊子 ]


開館日・時間

水〜日曜日 13:00〜18:00

閉館日

月・火・祝日・年末年始
※団体でのご来館については事前にご連絡ください。
※展示入れ替え期間は休館です。

入館料

18歳以上:500円
18歳未満:300円
小学生以下:無料
※障がいのある方の付添いは無料。

住所

see map

〒169-0051
東京都新宿区西早稲田2-3-18
AVACOビル2F
Tel: (03) 3202 4633
Fax: (03) 3202 4634
E-mail: wam@wam-peace.org
[ お問い合わせメールフォーム ]

● 報道関係者や研究者の方へ

寄付のお願い