所蔵資料の紹介

【 冊子 】

[ さ-そ ]

「差異と共生」 2006年度横浜国立大学学長裁量経費プロジェクト実績報告書
横浜国立大学教育人間科学部(横浜国立大学教育人間科学部 2007.5)[ 冊子 ]
「在日」:記録映画:戦後在日五十年史 過去と未来をつなぐ在日の思い The Story of Koreans in Postwar Japan
映画『戦後在日五十年史』製作委員会(映画『戦後在日五十年史』製作委員会)[ 冊子 ]
在日韓国青年連合/在日コリアン青年連合(KEY)結成20周年記念誌 韓青連/KEY 20年の歩み
在日コリアン青年連合(KEY)(在日コリアン青年連合(KEY) 2011.7)[ 冊子 ]
『在日』ミニコミ・ブックリスト 1990 
『在日』ミニコミ・ブックフェア実行委員会編(模索舎 1990.1)[ 冊子 ]
裁判から立法運動へ 立法リュース 第1号 
韓国・朝鮮人「BC級戦犯者」の補償立法をすすめる会、李鶴来、今村嗣夫、内海愛子(韓国・朝鮮人「BC級戦犯者」の補償立法をすすめる会 2000.8)[ 冊子 ]
さだ子と千羽づる 
SHANTI(オーロラ自由アトリエ 1994.8)[ 冊子 ]
Gender awareness program:一人ひとりが自己実現できる社会を目指して 
角田尚子監修、Gap研究会執筆/編集(国際理解教育センター(ERIC) 2007.1)[ 冊子 ]
ジェンダー平等の豊かな社会をめざして 性教育・ジェンダーバックラッシュをのりこえる <「ジャンダーと教育」パンフレットNo.9>
井上恵美子編集代表、池田靖子、関口久志、棚橋昌代、和田愁編集(民主教育研究所「ジェンダーと教育」研究」委員会,東京 JPN)H3
市議会意見書可決の経験に学ぶ集い 報告集 更なる意見書可決、そして「慰安婦」問題の解決を! 第1回 2009年2月・第2回2010年3月 宝塚市・清瀬市・札幌市・福岡市・三鷹市・我孫子市
「慰安婦」問題解決オール連帯ネットワーク(「慰安婦」問題解決オール連帯ネットワーク 2010.5)[ 冊子 ]
四国西南海岸レポート27 朝鮮・韓国特集号 <Vol.1「原油基地賛成のむらから」終刊:朝鮮・韓国特集号 >
安岡英二、鈴木幸子(安岡英二、鈴木幸子 2007.6)[ 冊子 ]
市民活動資料の保存・整理・公開 
市民・住民運動資料研究会(市民・住民運動資料研究会)[ 冊子 ]
市民社会と非戦の思想  <敬和カレッジ・ブックレットNo.8>
敬和学園大学キリスト教と教育委員会、小田実、松井やより(敬和学園大学 2002.4)[ 冊子 ]
市民と法律家で考える国際人道法 フリッツ・カルスホーヴェンさん法廷証言によせて
フィリピン人元「従軍慰安婦」を支援する会(フィリピン人元「従軍慰安婦」を支援する会 1997.6)[ 冊子 ]
社会科資料集 シンガポール 
東岡正宏、奥平一、小林正弘、佐々木えつみ、佐藤裕子、篠崎玲子、野副達司、秦修己、吉田宏、渡部範明(シンガポール日本人学校 1984.3)[ 冊子 ]
社会の中のいじめと人権 ―いじめはなくせるか
古畑和孝(練馬区 1996.7)[ 冊子 ]
従軍慰安婦と天皇 <かもがわブックレット50>
千田夏光(かもがわ出版 1992.6)[ 冊子 ]
「従軍慰安婦」にされた方々への償いのために 
女性のためのアジア平和国民基金編(女性のためのアジア平和国民基金 1995.10)[ 冊子 ]
従軍慰安婦問題アジア連帯会議 
報告集 
従軍慰安婦問題行動ネットワーク(従軍慰安婦問題行動ネットワーク 1992.10)[ 冊子 ]
「従軍慰安婦問題」に関する提言 1995年1月
(日本弁護士連合会 n/a)[ 冊子 ]
祝 おんなたちの祭り10周年 報告書:2002年3.8国際女性デー おんなたちの祭り 第10回 武器よりしごと 武器より歌を!
3.8国際女性デー実行委員会(3.8国際女性デー実行委員会 2002.3)[ 冊子 ]
証言・日本軍「従軍慰安婦」 ダイヤル110番の記録
日朝協会(日朝協会 2005.7)[ 冊子 ]
証言「従軍慰安婦」 ダイヤル110番の記録
日朝協会埼玉県連合会(日朝協会埼玉県連合会 1995.8.15)[ 冊子 ]
証言「朝鮮人従軍慰安婦」第二集  <第2集>
日朝協会埼玉県連合会(日朝協会埼玉県連合会 1993.4)[ 冊子 ]
上告理由書 2001年2月1日 「在日元従軍慰安婦」謝罪・補償請求事件 
在日の慰安婦裁判を支える会編(在日の慰安婦裁判を支える会 2001.2)[ 冊子 ]
昭和人権史への証言 
森川金寿(時事通信社 1980.3)[ 冊子 ]
食卓の上のアジア・世界 ‘96年度テーマの学習とまとめ:第3回女性フェスティバル
熊谷教枝編集責任(MIE STUDY 1997.3)[ 冊子 ]
女性国際戦犯法廷 世界と日本の報道から
「戦争と女性への暴力」ネットワーク編(「戦争と女性への暴力」ネットワーク 2001.3)[ 冊子 ]
女性国際戦犯法廷 日本軍性奴隷制を裁く 2000年12月8日-12日 東京
VAWW-NET Japan(VAWW-NET Japan 2000)[ 冊子 ]
「女性に対する暴力」と刑事法 
前田朗[ 冊子 ]
「女性に対する暴力」と向き合ったフェリスの1年 「Stop VAW 2005」活動記録
Stop VAW 2005 実行委員会(フェリス女学院大学 2006.3)[ 冊子 ]
女性に対する暴力に関する基本的方策について 答申 
男女共同参画審議会(男女共同参画審議会 2000.7)[ 冊子 ]
女性に対する暴力に関する基本的方策についての中間取りまとめ 
男女共同参画審議会 女性に対する暴力部会(男女共同参画審議会 2000.4)[ 冊子 ]
女性の人権アジア法廷プログラム 女性の人身売買・慰安婦問題・基地買春を裁く 
「女性の人権」委員会、「女性の人権アジア法廷」実行委員会(「女性の人権」委員会、「女性の人権アジア法廷」実行委員会 1994.3)[ 冊子 ]
女性の人権と婦人保護大会 婦人保護事業四十周年記念 全国婦人保護大会報告集
全国婦人保護事業(全国婦人保護大会 1996.12)[ 冊子 ]
女性のためのアジア平和国民基金 Asin women’s Fund
女性のためのアジア平和国民基金(女性のためのアジア平和国民基金 1997.3)[ 冊子 ]
「女性のためのアジア平和国民基金」反対!国際会議プログラム 
「女性のためのアジア平和国民基金」反対!国際会議(「女性のためのアジア平和国民基金」反対!国際会議 1995.12)[ 冊子 ]
「女性のためのアジア平和国民基金」反対!国際会議報告書 
つぶせ「国民基金」実行委員会主催(つぶせ「国民基金」実行委員会 1995.12)[ 冊子 ]
新聞文章と私 
朝日新聞編集局(朝日新聞編集局 1993.1)[ 冊子 ]
シンポジウム報告書 「国際結婚と人権」:在住アジア人女性はいま 
茨城県国際交流教会「アジアの女性と人権」実行委員会編(茨城県国際交流教会「アジアの女性と人権」実行委員会 1999.3)[ 冊子 ]
侵略・マレー半島 教えられなかった戦争 
映像文化協会(昭和出版 1992.5)[ 冊子 ]
スーパーレディ1009 下巻 女たちの存在と官能の系譜 ローザ・ルクセンブルクから山口小夜子まで 21世紀を孕む女のカタログ <工作舎の異色雑誌-遊>
木幡和枝編、松本淑子編(工作舎 1978.1)[ 冊子 ]
すぎなみピースフォーラム2006 「戦争・原爆・平和の展示とイベント」報告集
すぎなみピースフォーラム2006実行委員会(すぎなみピースフォーラム2006実行委員会 2007.3)[ 冊子 ]
図表にみる朝日人のくらし <1993年版>
朝日新聞労働組合44期給与対策部(朝日新聞労働組合44期給与対策部 1993.2)[ 冊子 ]
「正義と平和」の25年 
日本カトリック正義と平和協議会編集委員会編(日本カトリック正義と平和協議会 1995.11)[ 冊子 ]
世界におけ平和のための博物館 
山根和代編、山辺昌彦編(東京大空襲・戦災資料センター 2010.2)[ 冊子 ]
世界の常識 岡山のヒジョーシキ 「慰安婦」問題の教科書記述をめぐって ―岡山県議会の趣旨採択に抗議する記録集― 
「慰安婦」問題を考える女たちの会(「慰安婦」問題を考える女たちの会 1997.2)[ 冊子 ]
関釜裁判判決文全文 あやまれ そしてつぐなえ partⅢ 原告側最終準備書面収録 <あやまれ そしてつぐなえ partⅢ>
戦後責任を問う・関釜裁判を支援する会(戦後責任を問う・関釜裁判を支援する会 1998.5)[ 冊子 ]
関釜裁判 広島控訴審 あやまれ そしてつぐなえ part Ⅳ 控訴理由書~初めて国が原告になった~ <あやまれ そしてつぐなえ part Ⅳ>
戦後責任を問う・関釜裁判を支援する会(戦後責任を問う・関釜裁判を支援する会 1999.2)[ 冊子 ]
関釜裁判 広島高裁控訴審準備書面 PTSD報告書 あやまれ そしてつぐなえ part Ⅴ  <あやまれ そしてつぐなえ part Ⅴ>
戦後責任を問う・関釜裁判を支援する会(戦後責任を問う・関釜裁判を支援する会 2000.7)[ 冊子 ]
関釜裁判 広島高裁控訴審 最終準備書面 あやまれ そしてつぐなえ partⅥ  <あやまれ そしてつぐなえ partⅥ>
戦後責任を問う・関釜裁判を支援する会(戦後責任を問う・関釜裁判を支援する会 2000.12)[ 冊子 ]
赤十字シンポジウム‘95 報告集 今、私たちにできること
日本赤十字社、日本放送協会(日本赤十字社 1995)[ 冊子 ]
05 反日・歴史問題を考えるー中・韓・英・日の学生18人の意見 法政大学「日本の文化と社会」クラス どうしてなのか。どうすべきなのか。  
法政大学「日本の文化と社会」クラス(法政大学「日本の文化と社会」クラス 2005)[ 冊子 ]
1995年 第42回 北陸ブロック 母と女性教職員の会記録 子どもたちに平和な未来を
北陸ブロック母と女性教職員の会、富山県教職員組合女性部(富山県教職員組合女性部 1995)[ 冊子 ]
1996エイボン女性年度賞 AVON AWARDS TO WOMEN
エイボン・プロダクツ株式会社(エイボン・プロダクツ株式会社 1996)[ 冊子 ]
1996年 南アジア「民衆の合流」報告集 第3回ピープルズ・プラン21世紀(PP21) Asia-Pacific People’s Convergence “SHAPING OUR FUTURE”
PP21ネットワーク(PP21ネットワーク 1996)[ 冊子 ]
1905年「韓国保護条約」は成立していたのか 国際法から日本の朝鮮支配40年を問い直す
国際人権研究会編(国際人権研究会 1993.4)[ 冊子 ]
戦後60年企画 正義と平和 講演録 
日本カトリック正義と平和協議会編(日本カトリック正義と平和協議会 2006.3)[ 冊子 ]
戦後改革を担う女性・市民 コソボ・スタディツアー報告集
旧ユーゴにいがたネットワーク(旧ユーゴにいがたネットワーク 2010)[ 冊子 ]
全国同時証言集会 「消せない記憶:日本軍「慰安婦」被害女性を招いて 資料集 2004年12月4日(土) 
全国同時証言集会東京実行委員会(全国同時証言集会東京実行委員会 2005)[ 冊子 ]
全国婦人保護大会 婦人保護事業40周年記念
厚生省・東京都・全国婦人保護施設連絡協議会(厚生省・東京都・全国婦人保護施設連絡協議会 1996.5)[ 冊子 ]
戦後50年 新たなあゆみのために 植民地支配・戦争犯罪・国連決議・各地での調査活動 <資料集 10>
朝鮮人強制連行真相調査団(朝鮮人強制連行真相調査団 1996.4)[ 冊子 ]
戦後50年 憲法理念の実現をめざす第32回大会 1995 報告集 富山 アジア・太平洋との和解から共生へ
憲法擁護・平和・人権フォーラム編(憲法擁護・平和・人権フォーラム 1995.12)[ 冊子 ]
戦後50年を迎えた香港 戦後50年 香港軍政の残像を訪ね日本の加害責任を考える旅 <香港軍票問題・軍政資料(2)>
香港軍票補償をすすめる会(香港軍票補償をすすめる会 1995.12)[ 冊子 ]
戦後史の一断面 70年運動と歴史教科書
近藤順一(近藤順一 2005.4)[ 冊子 ]
戦後責任論 
高橋哲哉(講談社 1999.12)[ 冊子 ]
戦後婦人界の動向 婦人の民主化を中心として
市川房枝監修(婦選会館出版部 1969.3)[ 冊子 ]
戦後補償分科会 歴史に向き合うために 戦後補償裁判 戦後補償立法 国際活動 戦後補償問題の現状と課題について―報告資料集 
青年法律家協会弁護士学者合同部会主催 第9回人権研究交流集会戦後補償分科会(トライ 1997.3)[ 冊子 ]
戦後60年犠牲者を遺族の元に  <資料集16>
朝鮮人強制連行真相調査団(朝鮮人強制連行真相調査団 2005.1)[ 冊子 ]
線後を彩った女たち その30年史 性風俗縮刷版 <双葉社MOOK97:レジャー&ホビーシリーズ46>
中野正史、伊藤裕作企画構成(双葉社 1987.6)[ 冊子 ]
戦時朝鮮人強制労働調査資料集 連絡先一覧・全国地図・死亡者名簿
竹内康人編著(神戸学生・青年センター出版部 2007.8)[ 冊子 ]
戦争責任を問う「従軍慰安婦」問題 映画と講演のつどい 2008年3月1日 大阪市立阿倍野市民学習センター
大阪府アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会(大阪府アジア・アフリカ・ラテンアメリカ連帯委員会 2008.3)[ 冊子 ]
戦争で「慰安婦」にされた女性たち-韓国ナヌムの家訪問-報告書 沖縄・在日・女性の視点から日本の平和を考えるフィールド
平和会編(平和会(ぴょんふぁかい) 2004.4)[ 冊子 ]
戦争と女性 「慰安所マップ」が語るもの 沖縄
第5回「全国女性史研究交流のつどい」第1文科会メンバー(第5回「全国女性史研究交流のつどい」第1文科会メンバー 1992.9)[ 冊子 ]
「戦争と女性への暴力」国際会議 資料集 
「戦争と女性への暴力」国際会議実行委員会(「戦争と女性への暴力」国際会議実行委員会 1997)[ 冊子 ]
戦争の記憶から  17歳の太平洋戦争
奥山真(展望社 2004.7)[ 冊子 ]
「戦争のための戦争記念館」と「平和のための戦争記念館」-日本と諸外国の軍関係の戦争記念館について 女たちの戦争と平和資料館 公開学習会 2004.7.24
南守夫(女たちと戦争と平和資料館建設委員会 2004.7)[ 冊子 ]
戦争の作られ方 ワークショップ教材 How to make War?
Bridge for peace企画(ブリッジ・フォー・ピース)[ 冊子 ]
戦争被害調査会法を考える 「国立国会図書館法の一部改正案」をめぐって
戦争被害調査会法を実現する市民会議(戦争被害調査会法を実現する市民会議 1995.5)[ 冊子 ]
1062分の1の場合 鬼から人間への発言集:日本軍国主義の告発こそ日中友好の原点である。
塚越正男編(塚越正男 1977.9)[ 冊子 ]
憎悪のナショナリズムを超えて バルカンの平和と共生の未来を創る女性たち
小柳暁子編集(VAWW-NET Japan 2005.5)[ 冊子 ]
増補・改訂第三版 検証・憲法第九条の誕生 「押し付け」ではなく、自ら平和条項を豊富化した論議の全経過
岩田行雄編著(岩田行雄 2005.8)[ 冊子 ]
創立60周年 第61回 歴史教育者協議会 北海道大会・要項 2009年8月1日~3日 札幌市教育文化会館、北海高校
歴史教育者協議会・第61回北海道大会実行委員会(歴史教育者協議会・第61回北海道大会実行委員会 2009)[ 冊子 ]
徐兄弟事件18年 徐勝さんを即時釈放せよ! 4.16集会の記録
徐君兄弟を救う会編(徐君兄弟を救う会 1989.8)[ 冊子 ]
訴状 アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求問題
日本の戦後責任をハッキリさせる会(日本の戦後責任をハッキリさせる会 1991.12)[ 冊子 ]
訴状 「在日元従軍慰安婦」謝罪・補償請求訴訟事件
在日の慰安婦裁判を支える会(在日の慰安婦裁判を支える会 1993.4)[ 冊子 ]
訴状 「在日元従軍慰安婦」謝罪・補償請求事件 
在日の慰安婦裁判を支える会編(在日の慰安婦裁判を支える会 1993.6)[ 冊子 ]
訴状 鹿島花岡中国人強制連行損害賠償請求事件
[ 冊子 ]
訴状 韓国・朝鮮人BC級戦犯者の国家補償等請求事件 
日本の戦争責任を肩代わりさせられた韓国・朝鮮人BC級戦犯を支える会(日本の戦争責任を肩代わりさせられた韓国・朝鮮人BC級戦犯を支える会 1991.11)[ 冊子 ]
訴状 第二版 アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求問題
日本の戦後責任をハッキリさせる会(日本の戦後責任をハッキリさせる会 1992.5)[ 冊子 ]
徐勝『獄中19年』を読んで 書評・読者からの手紙
影書房(影書房 1995.2)[ 冊子 ]
その勇気をむだにしないで 中国山西省での性暴力被害者の証言・訴状
安達洋子、沖野章子、大山早苗、勝冶喜美子、中川真、橋本聰、南由美子(中国人「慰安婦」訴訟弁護団 1999.7)[ 冊子 ]
その勇気をムダにしないで・・・ 侯巧蓮さんの証言を聞く会(中国人「慰安婦」原告) 
中国人「慰安婦」裁判を支援する会(中国人「慰安婦」裁判を支援する会 n/a)[ 冊子 ]
ソマリアで何が? <岩波ブックレットNo.302>
柴田久史(岩波書店 1993.6)[ 冊子 ]
宋さんといっしょに よくわかる在日の元「慰安婦」裁判
在日の慰安婦裁判を支える会(在日の慰安婦裁判を支える会 1997.5)[ 冊子 ]
宋さんといっしょに よくわかる在日の元「慰安婦」裁判 <PART 1>
在日の慰安婦裁判を支える会編(在日の慰安婦裁判を支える会 1999.6)[ 冊子 ]
宋さんといっしょに 歴史的事実と現在(イマ)に続く被害  <PART 2>
在日の慰安婦裁判を支える会編(在日の慰安婦裁判を支える会 1999.2)[ 冊子 ]
宋さんといっしょに 法的主張編 最終準備書面 国際法意見書 <PART 3>
在日の慰安婦裁判を支える会編(在日の慰安婦裁判を支える会 1999.3)[ 冊子 ]
宋さんといっしょに 高等弁論の記録 <PART 4>
在日の慰安婦裁判を支える会編(在日の慰安婦裁判を支える会 2001.1)[ 冊子 ]


開館日・時間

水〜日曜日 13:00〜18:00

閉館日

月・火・祝日・年末年始
※団体でのご来館については事前にご連絡ください。
※展示入れ替え期間は休館です。

入館料

18歳以上:500円
18歳未満:300円
小学生以下:無料
※障がいのある方の付添いは無料。

住所

see map

〒169-0051
東京都新宿区西早稲田2-3-18
AVACOビル2F
Tel: (03) 3202 4633
Fax: (03) 3202 4634
E-mail: wam@wam-peace.org
[ お問い合わせメールフォーム ]

● 報道関係者や研究者の方へ

寄付のお願い