所蔵資料の紹介

【 書籍 】

[ は-ほ ]

敗者の贈物 国策慰安婦をめぐる占領下秘史
ドウス昌代著(講談社 1979.7)[ 書籍 ]
売春 決定版・神崎レポート
神崎清著著(現代史出版会 1979.11)[ 書籍 ]
廃娼運動 廓の女性はどう解放されたか <中公新書663>
竹村民郎著(中央公論社 1982.9)[ 書籍 ]
廃娼ひとすじ <中公文庫>
久布白落実著(中央公論社 1982.1)[ 書籍 ]
買売春解体新書 近代の性規範からいかに抜け出すか
SEXUAL RIGHTS PROJECT編(柘植書房新社 1999.8)[ 書籍 ]
売買春問題ととりくむ会ニュース合本 1973年2月(NO.1)-1992年8月(NO.100)
売買春問題ととりくむ会著(売買春問題ととりくむ会 1993.12)[ ]
袴田事件 一家四人強盗殺人・放火事件の謎
山本徹美著(悠思社 1993.3)[ 書籍 ]
パクのイヤギ(おはなし) 
金文善著(新幹社 1992.11)[ 書籍 ]
博物館と「表現の不自由」 「戦没者追悼平和祈念館」構想を考える
アジアに対する日本の戦争責任を問う民衆法廷準備会編(樹花舎 1994.4)[ ]
パゴタに祈る 
田中元弥著(西日本新聞社 1977.8)[ 書籍 ]
パシコムおじさん マンガでみる現代インドネシア <双書・アジアの村から町から・・・3>
G.M.スダルタ著/村井吉敬訳(新宿書房 1985.1)[ 書籍 ]
長谷川テル作品集 反戦エスペランチスト
宮本正男著(亜紀書房 1979.1)[ 書籍 ]
バターン 遠い道のりのさきに <教科書に書かれなかった戦争PART43>
レスター・I.テニー著/伊吹由歌子、奥田愛子、一柳由美子、古庄信訳(梨の木舎 2003.3)[ 書籍 ]
はたらく在日朝鮮人 ほるもん文化②
ほるもん文化編集委員会、鄭雅英編(新幹社 1991.10)[ 書籍 ]
働く日本人 体験的ルポ
朝日新聞社編(朝日新聞社 1968.6)[ 書籍 ]
八月の最終列車 <新日本少年少女の文学Ⅱ・2>
古世古和子著、井口文秀(絵)(新日本出版社 1985.11)[ 書籍 ]
花岡暴動 中国人強制連行の記録 <三省堂新書114>
赤津益造著(三省堂 1973.1)[ 書籍 ]
母・従軍慰安婦 かあさんは「朝鮮ピー」と呼ばれた
尹静慕著著/鹿嶋節子訳(神戸学生・青年センター出版部 1992.4)[ 書籍 ]
「母」たちの戦争と平和 
源淳子著(三一書房 2008.6)[ 書籍 ]
母と子でみる 原爆を撮った男たち 
「反核・写真運動」編(草の根出版会 1993.4)[ 書籍 ]
母と子でみる広島・長崎 
朝日新聞企画部編(草土文化 1990.7)[ 書籍 ]
母の遺したもの 新版 沖縄・座間味島「集団自決」の新しい事実
宮城晴美著(高文研 2008.3)[ 書籍 ]
母は枯葉剤を浴びた ダイオキシンの傷あと <新潮文庫 草317=1>
中村梧郎著(新潮社 1983.9)[ 書籍 ]
ハベル(蝶)の詩 沖縄のたましい <神奈川大学評論ブックレット16>
神奈川大学評論編集専門委員会、安里英子編(御茶の水書房 2001.5)[ 書籍 ]
浜田知明 よみがえる風景 Chimei Hamada Landscapes that Haunt Me
浜田知明銅版画、油彩、スケッチ、彫刻(求龍堂 2007.4)[ 書籍 ]
原郷の「満州」 
庄幸司郎著(影書房 1995.4)[ 書籍 ]
遥かなる旅 戦後史の谷間から
山根昌子著(銀河書房 1986.8)[ 書籍 ]
バルカン ユーゴ悲劇の深層
加藤雅彦著(日本経済新聞社 1999.5)[ 書籍 ]
ハルモニからの宿題 日本軍「慰安婦」問題を考える <神戸女学院大学総文叢書4>
石川康宏ゼミナール著(冬弓社 2005.3)[ 書籍 ]
ハルモニの絵画展 1万5000の出会い <教科書に書かれなかった戦争・らいぶ>
ハルモニの絵画展実行委員会、日野詢城,都築勤編(梨の木舎 1999.3)[ 書籍 ]
パレスチナ <岩波新書(黄)382>
広河隆一著(岩波書店 1987.8)[ 書籍 ]
反核・軍縮・地球を守る女たちの集会報告 アジア太平洋地域の非核化をめざして:1988.5.17~22 Report of conference of women against nuclear weapons, for disarmament and saving the planet: Towards a nuclear free Asia-Pacific region
反核・軍縮・地球を守る女たちの集会実行委員会編(反核・軍縮・地球を守る女たちの集会実行委員会 1988.8)[ 書籍 ]
番組はなぜ改ざんされたか 
メディアの危機を訴える市民ネットワーク(メキキネット)編(一葉社 2006.1)[ 書籍 ]
ハングルへの旅 
茨木のり子著(朝日新聞社 1986.6)[ 書籍 ]
犯罪報道の犯罪 <講談社文庫あ38>
浅野健一著(講談社 1987.6)[ 書籍 ]
反戦運動の思想 「新ガイドライン安保」を歴史的に問う
天野恵一著(論創社 1998.12)[ 書籍 ]
ハンナのかばん アウシュビッツからのメッセージHANA’S SUITCASE
カレン・レビン著/石岡史子訳(ポプラ社 2002.9)[ 書籍 ]
韓流が伝える現代韓国 『初恋』からノ・ムヒョンの死まで <シリーズ平和をつくる5>
李泳釆著(梨の木舎 2010.3)[ 書籍 ]
BC級戦犯裁判 <岩波新書(新赤版)952>
林博史著(岩波書店 2005.6)[ 書籍 ]
東アジアにおける相互理解と和解を求めて 宮崎からの若い風 <みやざき文庫68>
帯谷朋子、田宮昌子監修(鉱脈社 2010.3)[ 書籍 ]
東アジアの歴史認識と平和をつくる力 東アジア平和共同体をめざして
「歴史認識と東アジアの平和」フォーラム・東京会議編(日本評論社 2010.7)[ 書籍 ]
東ティモール2 「住民投票」後の状況と「正義」の行方 <明石ブックレット11 >
高橋奈緒子、益岡賢、文珠幹夫(明石書店 2000.10)[ 書籍 ]
東ティモール独立史  <アジア太平洋研究選書 3>
松野明久著(早稲田大学出版部 2002.12)[ 書籍 ]
ひかりのたね 「あの時代」を生きた少女の日記
天野文子、小野和子編(汐文社 1992.8)[ 書籍 ]
引き裂かれた人生 
山崎朋子著(文藝春秋 1987.9)[ 書籍 ]
ビキニ事件の表と裏 第五福竜丸・乗組員が語る
大石又七著(かもがわ出版 2007.7)[ 書籍 ]
被告ジョージ・ブッシュ有罪 国際犯罪法廷への告発状
ラムゼイ・クラーク著/日本国際法律家協会訳(柏書房 1991.10)[ 書籍 ]
非国民がやってきた! 戦争と差別に抗して Unpatriotic Peaceful Citizens Against War and Discrimination
前田朗著(耕文社 2009.3)[ 書籍 ]
美術史を解きはなつ 
富山妙子、浜田和子、萩原弘子著(時事通信社 1994.9)[ 書籍 ]
非情の山地 台湾原住民小説選 <現代アジア叢書 19>
呉錦発著/下村作次郎訳(田畑書店 1992.11)[ 書籍 ]
女と男の(ヒト ト ヒト ノ)あいだで <真宗ブックレットNO.7>
玉光順正、泰敬子、尾畑潤子、大窪佑宣著(真宗大谷派宗務所出版部 1998.7)[ 書籍 ]
比島戦記 比島派遣軍報道部
比島派遣軍報道部編(文藝春秋 1943.3)[ 書籍 ]
ヒトラーの教科書 
藤沢法暎著(亜紀書房 1994.5)[ 書籍 ]
人を殺して死ねよとは 元兵士たちが語りつぐ軍隊・戦争の真実
不戦兵士・市民の会、猪熊得郎監著(本の泉社 2011.8)[ 書籍 ]
「日の丸・君が代」が人を殺す! 
北村小夜、天野恵一著(社会評論社 1999.7)[ 書籍 ]
「日の丸・君が代」じかけの天皇制 
天野恵一著(インパクト出版会 2001.6)[ 書籍 ]
「日の丸」「君が代」拒否宣言 「『日の丸』『君が代』法制化に反対する6・20集会」の記録
「日の丸」「君が代」の法制化に反対する共同声明著(「日の丸」「君が代」の法制化に反対する共同声明 1999.7)[ 書籍 ]
火花よこの闇を照らせ 韓国女子労働者の戦い
金一哲著(新教出版社 1979.6)[ 書籍 ]
響けこの声世界に 日本の被差別女性と北京女性会議
マイノリティ・先住民族女性のつどいインおおさか実行委員会編(解放出版社 1994.11)[ 書籍 ]
悲風ビルマ戦線 
藤井重夫著(番町書房 1971.8)[ 書籍 ]
非武装地帯に春がくること 
イ・オクベ著/おおたけきよみ訳(童心社 2011.4)[ 書籍 ]
非武装のPKO NGO非暴力平和隊の理念と活動
君島東彦編著(明石書店 2008.4)[ 書籍 ]
100冊が語る―「慰安所」・男のホンネ アジア全域に「慰安所」があった <教科書に書かれなかった戦争 Part 17>
高崎隆治著(梨の木舎 1994.12)[ 書籍 ]
表現の自由とはなにか <中公新書209>
奥平康弘著(中央公論社 1979.1)[ 書籍 ]
ビルマ 「発展」のなかの人びと <岩波新書444>
田辺寿夫著(岩波書店 1996.5)[ 書籍 ]
ビルマ 遠い戦場(上) ビルマで戦った日本と英国 1941年-45年BURMA,The Longest War 1941-45
ルイ・アレン著/平久保正男、永沢道雄、小城正訳(原書房 1995.6)[ 書籍 ]
ビルマ 遠い戦場(中) ビルマで戦った日本と英国 1941年-45年BURMA,The Longest War 1941-45
ルイ・アレン著/平久保正男、永沢道雄、小城正訳(原書房 1995.6)[ 書籍 ]
ビルマ 遠い戦場(下) ビルマで戦った日本と英国 1941年-45年 BURMA,The Longest War 1941-45
ルイ・アレン著/平久保正男、永沢道雄、小城正訳(原書房 1995.11)[ 書籍 ]
ビルマ戦記 方面軍参謀 悲劇の回想
後勝著(光人社 1991.7)[ 書籍 ]
ビルマ戦線とインパール 一小隊長の戦闘手記 <無名戦士の記録シリーズ>
塩坪辰実著(旺史社 1987.8)[ 書籍 ]
ビルマ戦線の死角 菊兵団メークテーラに潰ゆ
三浦徳平著(葦書房 1992.8)[ 書籍 ]
ビルマ戦線ピカピカ軍医メモ 狼兵団“地獄の戦場”奮戦記
三島四郎著(元就出版社 1998.7)[ 書籍 ]
ビルマでいま、何がおきているのか? <シリーズ・アジアを見るジャーナリストの目④>
在日ビルマ人協会編、チェーモン・ウータウン著/田辺寿夫訳(梨の木舎 1991.12)[ 書籍 ]
ビルマ日記 
榊山潤編(南北社 1963.9)[ 書籍 ]
ビルマの大いなる幻影 解放を求めるカレン族とスーチー民主化のゆくえ
山本宗補著(社会評論社 1996.5)[ 書籍 ]
ビルマの竪琴 <新潮文庫>
竹山道雄著(新潮社 1982.9)[ 書籍 ]
ビルマ敗戦行記 一兵士の回想 <岩波新書(黄版) 198>
荒木進著(岩波書店 1982.10)[ 書籍 ]
広がる日の丸の下で生きる わたしたちのアジア・太平洋戦争1 <わたしたちのアジア・太平洋戦争>
古田足日、米田佐代子、西山利佳編(童心社 2004.3)[ 書籍 ]
秘録 大東亜戦史 満州篇 上
田村吉雄編(富士書苑 1953.5)[ 書籍 ]
秘録 大東亜戦史 満州篇 下
田村吉雄編(富士書苑 1953.6)[ 書籍 ]
秘録 大東亜戦史 ビルマ篇
田村吉雄編(富士書苑 1953.7)[ 書籍 ]
秘録 大東亜戦史 比島篇
田村吉雄編(富士書苑 1953.8)[ 書籍 ]
秘録 大東亜戦史 朝鮮篇
田村吉雄編(富士書苑 1953.8)[ 書籍 ]
秘録 大東亜戦史 蘭印篇
田村吉雄編(富士書苑 1953.10)[ 書籍 ]
秘録 大東亜戦史 大陸篇
田村吉雄編(富士書苑 1953.10)[ 書籍 ]
秘録 大東亜戦史 原爆国内篇
田村吉雄編(富士書苑 1953.11)[ 書籍 ]
秘録 大東亜戦史 東京裁判篇
田村吉雄編(富士書苑 1953.11)[ 書籍 ]
秘録 大東亜戦史 開戦篇
田村吉雄編(富士書苑 1953.12)[ 書籍 ]
秘録 特務諜報工作隊 雲南の虎と豹
丸林久信著(番町書房 1971.12)[ 書籍 ]
ヒロシマ・ナガサキを世界へ 被爆医師の反核語り部世界行脚 HIROSHIMA NAGASAKI WORLD
肥田舜太郎著(あけび書房 1991.6)[ 書籍 ]
ひろしまのピカ  記録の絵本1
丸木俊作著(小峰書店 1980.6)[ 書籍 ]
ヒロシマ花物語 
関 千枝子著(汐文社 1990.7)[ 書籍 ]
フィールドワーク 日本軍「慰安婦」 学び・調べ・考えよう
アクティブミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」編(平和文化 2008.5)[ 書籍 ]
フィールドワーク 靖国神社・遊就館 学び・調べ・考えよう
東京の戦争遺跡を歩く会編(平和文化 2006.8)[ 書籍 ]
フィールドワーク第五福竜丸展示館 学び・調べ・考えよう
第五福竜丸平和協会(平和文化 2005.3)[ ]
フィールドワーク松代大本営 学び・調べ・考えよう
松代大本営の保存をすすめる会編(平和文化 2002.10)[ 書籍 ]
フィリピン戦逃避行 証言 昭和史の断面 <岩波ブックレット 307>
新美彰、吉見義明著(岩波書店 1993.8)[ 書籍 ]
フィリピン女性エンターティナーの世界 Filipino entertainers in Japan
マリア・ロザリオ・ピケロ・バレスカス著/津田守監訳(明石書店 1994.8)[ 書籍 ]
フィリピン女性エンターテイナーの夢と現実 マニラ、そして東京に生きる Pains and Gains: A Study of Overseas Performing Artists in Japan
DAWN編著/DAWN-Japan訳(明石書店 2005.6)[ 書籍 ]
フィリピン出稼ぎ労働者 夢を追い日本に生きて Philippine Migrant Workers
石山永一郎著(拓殖書房 1989.6)[ 書籍 ]
フィリピンと対日戦犯裁判 1945-1953年 The War Crimes Trials and Japan-Philiooines Relations, 1945-1953
永井均著(岩波書店 2010.2)[ 書籍 ]
フィリピンの日本軍「慰安婦」 性的暴力の被害者たち
フィリピン「従軍慰安婦」補償請求裁判弁護団編(明石書店 1995.12)[ 書籍 ]
フィリピン我が祖国 フォト・ルポルタージュ
長倉洋海著(れんが書房新社 1986.11)[ 書籍 ]
フィルードワーク松代大本営 学び・調べ・考えよう
松代大本営の保存をすすめる会編(平和文化 2005.3)[ ]
風韻にまぎれず 〈哀号〉(アイゴー)の叫び<深山あき 歌集 2>
深山あき、鈴木裕子編・注(梨の木舎 2007.8)[ 書籍 ]
フーコン・雲南の戦い 太平洋戦争写真史
森山康平編著、月刊沖縄社企画(池宮商会 出版部 1984.6)[ 書籍 ]
フード・セキュリティと紛争 Conflict and Food Security <GLOCOLブックレット 07>
松野明久、中川理編(大阪大学グローバルコラボレーションセンター(GLOCOL) 2012.1)[ 書籍 ]
フェミニズム国際法学の構築 
山下泰子、上野妙実子編著(中央大学出版部 2004.6)[ 書籍 ]
フェミニズムコレクション 2 性・身体・母性
加藤秀一、坂本佳鶴恵、瀬地山角著(勁草書房  1993.11)[ 書籍 ]
フェミニズムと国家暴力 トランスナショナルな地平を拓く Feminism against State Terror
大越愛子著(世界書院 2004.4)[ 書籍 ]
フェミニズムと戦争 婦人運動家の戦争協力
鈴木裕子著(マルジュ社 1986.8)[ 書籍 ]
フェミニズムはだれのもの? <Z会ペブル選書5>
松井やより、若桑みどり著(増進会出版社 1996.11)[ 書籍 ]
フェミニズムは中国をどう見るか Patriarchy and socialist revolution in China
J.ステイシー著/秋山洋子訳(頸草書房 1990.7)[ 書籍 ]
武漢兵站 支那派遣軍慰安係長の手記
山田清吉著(図書出版社 1978.12)[ 書籍 ]
普及版 日本が知らない戦争責任 日本軍「慰安婦」問題の真の解決へ向けて
戸塚悦郎著(現代人文社 2008.4)[ 書籍 ]
不敬文学論序説 <批評空間叢書 17>
渡部直己著(太田出版 1999.7)[ 書籍 ]
婦人雑誌からみた1930年代 
私たちの歴史を綴る会編著(同時代社 1987.1)[ 書籍 ]
二つのウリナラ(わが祖国) 21世紀の子どもたちへ
池田正枝、川瀬俊治聞き手(解放出版社 1999.10)[ 書籍 ]
二つの祖国をもつ私 ハルピンから帰って15年 <中公新書584>
西条正著(中央公論社 1980.8)[ 書籍 ]
復刻 世紀の遺書 
巣鴨遺書編纂会編、白菊遺族会編集著作権者(講談社 1984.8)[ 書籍 ]
復刻 婦人新風 新吉原女子保健組合機関誌
(明石書店 1989.9)[ 書籍 ]
ブッシュ 小泉 有罪! イラク国際戦犯民衆法廷 判決 BUSH KOIZUMI GUILTY!: Judgment of the Internationai Criminal Tribunal for Iraq
イラク国際戦犯民衆法廷実行委員会著(耕文社 2005.6)[ 書籍 ]
ぶっそうげの花ゆれて 沖縄戦と女教師
沖縄県退職教職員の会婦人部著(ドメス出版 1984.5)[ 書籍 ]
葡萄の実は豊かに 東京山手教会とわたし
日本キリスト教団東京山手教会創立40周年記念誌編集委員会、松井やより他著(日本キリスト教団山手教会創立40周年記念誌編集委員会 1988.5)[ 書籍 ]
腐敗したメディア 新聞に再生の道はあるのか
北村肇著(現代人文社 1996.3)[ 書籍 ]
不服従の肖像 
田中伸尚著(樹花舎 2006.1)[ 書籍 ]
不服従を讃えて 「スペシャリスト」アイヒマンと現代
ロニー・ブローマン、エイアル・シヴァン著/高橋哲也、堀潤之訳(産業図書 2000.1)[ 書籍 ]
踏みにじられた人生の絶叫 「従軍慰安婦」編 日本帝国主義の犯罪を告発する
「従軍慰安婦」・太平洋戦争被害者補償対策委員会著(「従軍慰安婦」・太平洋戦争被害者補償対策委員会 1995)[ 書籍 ]
踏みにじられた南の島 レイテ・フィリピン The Organization of Guerilla <ドキュメント太平洋戦争 5>
NHK取材班編(角川書店 1994.2)[ 書籍 ]
プリーモ・レーヴィへの旅 
徐京植著(朝日新聞社 1999.8)[ 書籍 ]
憤死 インパール作戦 痛恨の祭師団参謀長
高木俊朗著(文藝春秋 1973.7)[ 書籍 ]
分断克服と韓国女性解放運動 1970年代を中心に <韓国女性解放運動 2>
李順愛編訳・解説(御茶の水書房 1989.12)[ 書籍 ]
分断を生きる 「在日」を超えて
徐京植著(影書房 1997.5)[ 書籍 ]
米軍基地の歴史 世界ネットワークの形成と展開 <歴史文化ライブラリー336>
林博史著(吉川弘文館 2012.1)[ 書籍 ]
米軍基地を押しつけられて 沖縄・少女暴行事件から
伊波洋一著(創史社 2000.5)[ 書籍 ]
平成17年度港区平和青年団 活動報告書 感じてくれ、僕らのこゝろ 僕らが平和であるために
閔田徳平和青年団編(港区教育委員会事務局生涯学習推進課生涯学習係 2006.3)[ ]
兵たちの戦争 手紙・日記・体験記を読み解く <朝日選書665 >
藤井忠俊著(朝日新聞社 2000.12)[ 書籍 ]
ヘイト・クライム 憎悪犯罪が日本を壊す
前田朗著(三一書房労働組合 2010.4)[ 書籍 ]
兵は死ね 狂気のビルマ前線
大江一郎著(鵬和出版 1983.8)[ 書籍 ]
平和学の現在 Peace Studies in the Making
岡本三夫、横山正樹編(法律文化社 2007.5)[ 書籍 ]
平和学を学ぶ人のために 
君島東彦編(世界思想社 2009.7)[ 書籍 ]
平和力養成講座 非国民が贈る希望のインタヴュー To lmprove “Peace-making Skills” :Learning from “Unpatriotic” Peace Activists
前田朗編著(現代人文社 2010.12)[ 書籍 ]
へいわってどんなこと? 
浜田桂子著(童心社 2011.4)[ 書籍 ]
平和の権利を世界に 国連宣言実現の動向と運動
笹本潤、前田朗編著(かもがわ出版 2011.5)[ 書籍 ]
平和のバラを 太鼓とバラで平和を訴える若者たちの記録
のむぎ「平和のバラコンサート」実行委員会編(平和文化 2003.4)[ 書籍 ]
平和のパン種 
松井義子著(東方出版 1993.7)[ 書籍 ]
平和の文化 8つのキーワード Eight Key Words for the Culture of Peace
平和の文化をきずく会編著(平和文化 2006.11)[ 書籍 ]
平和博物館を考える <市民ライブラリー2>
平和博物館を考える会編(平和のアトリエ 1994.4)[ 書籍 ]
平和を希求して 「慰安婦」被害者の尊厳回復へのあゆみ
尹貞玉、鈴木裕子編・解説(白澤社 2003.8)[ 書籍 ]
北京からの風に吹かれて 世界の女性と子どもの権利
「北京からの風に吹かれて」記念事業実行委員会、ウィメンズネット「らいず」、「アジアの風」事務局著(ウィメンズネット「らいず」事務局 2010.12)[ 書籍 ]
北京発、日本の女たちへ 世界女性会議をどう生かすか
アジア女性資料センター編(明石書店 1997.1)[ 書籍 ]
別冊 身世打鈴(シンセタリョン) 
朴貞花著(砂子屋書房 1998.10)[ 書籍 ]
ベトナム解放戦争 運動協力者版 Chien Tranh Giai Phong Viet Nam
ベトナムに写真集を贈る運動委員会、石川文洋(写真)(ベトナムに写真集を贈る運動委員会 1977.1)[ 書籍 ]
ベトナム戦記 
開高健著(朝日新聞社 1965.3)[ 書籍 ]
ベトナム戦争の時代 女たちは 銃後史ノート戦後篇 1965.1~1967.12
女たちの現在を問う会編(インパクト出版会 1993.8)[ 書籍 ]
海南(ヘナム)の空へ 戦場からソウル、そして未来への日記
キム・ユンシム著/根本理恵訳(パンドラ 2000.4)[ 書籍 ]
紅と紺と 日本女性史
林屋辰三郎編(朝日新聞社 1966.5)[ 書籍 ]
HELPから見た日本 House in Emergency of Love and Peace
大島静子、キャロリン・フランシス、イモジェン・リーブス著/大島静子訳(朝日新聞社 1988.12)[ 書籍 ]
報道の自由と人権救済 メディアと市民・評議会をめざして
田島泰彦、原寿雄編(明石書店 2001.7)[ 書籍 ]
暴力・戦争・リドレス 多文化主義のポリティクス
米山リサ著(岩波書店 2003.11)[ 書籍 ]
暴力と平和 <朝日選書 200>
坂本義和編(朝日新聞社 1986.1)[ 書籍 ]
ボーヴォワールへの手紙 <サルトル書簡集2>
ジャン=ポール・サルトル著/二宮フサ訳(人文書院 1988.10)[ 書籍 ]
ボートピープル 日本の中のベトナム難民 Vietnamese refugees in Japan
前川誠撮影・著(上智大学アジア関係研究室 1978.4)[ 書籍 ]
Portraits 女性アーティストの肖像
松本路子著(河出書房新社 1995.12)[ 書籍 ]
ぼくらの太平洋戦争 
本多公栄著(鳩の森書房 1977.8)[ 書籍 ]
ぼくらはアジアで戦争をした <教科書に書かれなかった戦争 Part3>
内海愛子編(梨の木舎 1986.8)[ 書籍 ]
ぼくらはアジアで戦争をした <教科書に書かれなかった戦争 Part3>
内海愛子、高崎隆治、岡本愛彦、飯田進、湯浅謙、亀井文夫編(梨の木舎 1986.8)[ 書籍 ]
榾火(ほだび) 
岡村俊彦著(文献社 1961.6)[ 書籍 ]
北海道の捕虜収容所 もう一つの戦争責任 <道新選書 44>
白戸仁康著(北海道新聞社 2008.8)[ 書籍 ]
ホッカイドーッ!ホッカイドーッ!生キテ再ビ帰レヌ地 朝鮮人強制連行ノ記録:人権と民族パンフ第5集
北海道在日朝鮮人の人権を守る会著(北海道在日朝鮮人の人権を守る会 1972.11)[ 書籍 ]
香港軍票と戦後補償 
高木健一、小林英夫他著(明石書店 1993.7)[ 書籍 ]
本当に戦争がしたいの!? 新ガイドラインの向こうに見えるもの
天野恵一、新崎盛暉対談(凱風社 1999.4)[ 書籍 ]
本を読む・教科書を読む 
山住正己著(労働旬報社 1992.8)[ 書籍 ]


開館日・時間

水〜日曜日 13:00〜18:00

閉館日

月・火・祝日・年末年始
※団体でのご来館については事前にご連絡ください。
※展示入れ替え期間は休館です。

入館料

18歳以上:500円
18歳未満:300円
小学生以下:無料
※障がいのある方の付添いは無料。

住所

see map

〒169-0051
東京都新宿区西早稲田2-3-18
AVACOビル2F
Tel: (03) 3202 4633
Fax: (03) 3202 4634
E-mail: wam@wam-peace.org
[ お問い合わせメールフォーム ]

● 報道関係者や研究者の方へ

寄付のお願い