パネルの紹介

★パネルの貸出については、まず「パネルの申し込み方法」のページをお読みください。★
お申し込みは事務局までお願いします。
アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)事務局
〒169-0051東京都新宿区西早稲田2-3-18 AVACOビル2F
TEL:03-3202-4633 FAX:03-3202-4634 メール:wam@wam-peace.org

第6回特別展「ある日、日本軍がやってきた~中国・戦場での強かんと慰安所」

【展示期間】 2008年6月7日(土)~2009年6月21日(日)

[ ↓ パネル画像のサムネイル一覧 ]

ID パネルタイトル 大きさ
06-01 日本と中国 交流と共存の歴史から侵略と戦争の歴史へ A1縦 594x841mm
06-02 日本軍の中国侵略年表 A1縦 594x841mm
06-03 日本軍の性暴力の構造 A1縦 594x841mm
06-04 慰安所制度のしくみ A1縦 594x841mm
06-05 中国各地に残る慰安所跡 A1横 841x594mm
06-07 山西省 A3横 420x297mm
06-08 江蘇省の慰安所 A3横 420x297mm
06-09 上海の慰安所 A3縦 297x420mm
06-10 南京の慰安所 A3縦 297x420mm
06-11 武漢の慰安所 A3横 420x297mm
06-12 桂林の慰安所 A3横 420x297mm
06-13 海南島の慰安卯所 A3横 420x297mm
06-14 天津の慰安所 A3横 420x297mm
06-15 東寧県地域 A4横 210x297mm
06-16 日本軍の中国における性暴力は戦犯裁判でどう裁かれたか A1縦 594x841mm
06-17 日本の対応(政府・国会・司法) 解決を拒む日本政府 A1縦 594x841mm
06-18 中国政府と中国社会の対応 被害女性たちの訴えはどう受け止められてきたか A1縦 594x841mm
06-19 山西省侵略史 大娘たちの村を襲った戦争 A1縦 594x841mm
06-20 河東村 A1縦 594x841mm
06-21 南二僕(個人パネル) A1縦 594x841mm
06-22 西煙と南社 A1縦 594x841mm
06-23 王改荷(個人パネル) A1縦 594x841mm
06-24 進圭社 A2縦 420x594mm
06-25 侯巧蓮(個人パネル) A1縦 594x841mm
06-26 万愛花(個人パネル) A1縦 594x841mm
06-27 抗日戦争弾圧の中での性暴力 A1縦 594x841mm
06-28 「強かん所」で支えあった娘たち A1縦 594x841mm
06-29 元日本軍兵士 近藤一(個人パネル) A1縦 594x841mm
06-30 元日本軍兵士 田村泰次郎(個人パネル) A1縦 594x841mm
06-31 南京大虐殺 A1縦 594x841mm
06-32 南京 A2縦 420x594mm
06-33 張秀英(個人パネル) A1縦 594x841mm
06-34 元日本軍兵士 三木本一平(仮名) A1縦 594x841mm
06-35 南京大虐殺・その後 A1縦 594x841mm
06-36 海南島 A1縦 594x841mm
06-37 海南島における性暴力 A1縦 594x841mm
06-38 陳亜扁(個人パネル) A1縦 594x841mm
06-39 黄有良(個人パネル) A1縦 594x841mm
06-40 日本で行われている日本軍性暴力被害者裁判 A0横 1189x841mm
06-41 裁判所が認定した被害事実~4件の中国人裁判から A1縦 594x841mm
06-42 日本全国に広がった支援運動 A1縦 594x841mm
06-43 中国で「日本軍性暴力パネル展」を開こう A1縦 594x841mm
06-44 第6回特別展 ある日、日本軍がやってきた A2縦 420x594mm
06-45 中国・戦場の強かんと慰安所 A2縦 420x594mm

パネル画像のサムネイル一覧



開館日・時間

水〜日曜日 13:00〜18:00

閉館日

月・火・祝日・年末年始
※団体でのご来館については事前にご連絡ください。
※展示入れ替え期間は休館です。

入館料

18歳以上:500円
18歳未満:300円
小学生以下:無料
※障がいのある方の付添いは無料。

住所

see map

〒169-0051
東京都新宿区西早稲田2-3-18
AVACOビル2F
Tel: (03) 3202 4633
Fax: (03) 3202 4634
E-mail: wam@wam-peace.org
[ お問い合わせメールフォーム ]

● 報道関係者や研究者の方へ

寄付のお願い