パネルの紹介

★パネルの貸出については、まず「パネルの申し込み方法」のページをお読みください。★
お申し込みは事務局までお願いします。
アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)事務局
〒169-0051東京都新宿区西早稲田2-3-18 AVACOビル2F
TEL:03-3202-4633 FAX:03-3202-4634 メール:wam@wam-peace.org

第12回特別展「中学生のための『慰安婦』展+」

【展示期間】2014年7月3日(木)~2015年6月21日(日)

[ ↓ パネル画像のサムネイル一覧 ]

ID パネルタイトル 大きさ
12-1 日本軍「慰安婦」制度とは A2縦 420x594mm
12-2 慰安所は、誰が、どのような目的で作ったのですか? A1縦 594x841mm
12-3 「慰安婦」は、誰が、どのようにして集めたのですか? A1縦 594x841mm
12-4 誰が、どのように管理・運営したのですか? A1縦 594x841mm
12-5 戦後、「慰安婦」制度は裁かれたのですか? A1縦 594x841mm
12-6 元日本軍兵士 鈴木良雄 A1縦 594x841mm
12-7 元日本軍兵士 金子安次 A1縦 594x841mm
12-8 元日本軍兵士 岩村正八 A1縦 594x841mm
12-9 どのような女性たちが、どこへ連れて行かれたのですか? A2縦 420x594mm
12-10 朴永心 A1縦 594x841mm
12-11 トマサ・サリノグ A1縦 594x841mm
12-12 盧満妹 A1縦 594x841mm
12-13 ジャン・ラフ=オハーン A1縦 594x841mm
12-14 マルディエム A1縦 594x841mm
12-15 レメディアス・フェリアス A1縦 594x841mm
12-16 慰安所での生活はどのようなものでしたか? A2縦 420x594mm
12-17 万愛花 A1縦 594x841mm
12-18 ロザリン・ソウ A1縦 594x841mm
12-19 戦後、「慰安婦」たちはどうなったのですか? A2縦 420x594mm
12-20 城田すず子 A1縦 594x841mm
12-21 金学順 A1縦 594×841mm
12-22 宋神道 A1縦 594x841mm
12-23 イネス・デ・ジェスス A1縦 594x841mm
12-24 国連の人権機関による勧告 A2変形 420x450mm
12-25 被害者を置き去りにした日本政府 A1縦 594x841mm
12-26 「慰安婦」問題をめぐる世界の動き(1) A1縦 594x841mm
12-27 「慰安婦」問題をめぐる世界の動き(2) A2横 594x420mm
12-28 被害国政府の対応 韓国 A2縦 420x594mm
12-29 被害国政府の対応 朝鮮民主主義人民共和国 A3縦 297x420mm
12-30 被害国政府の対応 中国 A3横 420x297mm
12-31 被害国政府の対応 フィリピン A3横 420x297mm
12-32 被害国政府の対応 台湾 A3縦 297x420mm
12-33 被害国政府の対応 インドネシア A3縦 297x420mm
12-34 被害国政府の対応 オランダ A3横 420x297mm
12-35 被害国政府の対応 マレーシア A4横 297x210mm
12-36 被害国政府の対応 東ティモール A4縦 210x297mm
12-37 なぜ「慰安婦」記述は消されたの? A1縦 594x841mm
12-38 中学校歴史教科書から消えた「慰安婦」記述 計23枚の小さなパネル
12-39 NHK番組改変事件が明らかにしたこと A1縦 594x841mm
12-40 政治との距離を問われるNHKの危機 A1縦 594x841mm
12-41 ひどい暴言!反論できます 計24枚の小さなパネル
12-42 日本軍慰安所マップ A2横 594x420mm
12-43 これが日本軍「慰安婦」制度の実態だ! 計27枚の小さなパネル

パネル画像のサムネイル一覧



開館日・時間

水〜日曜日 13:00〜18:00

閉館日

月・火・祝日・年末年始
※団体でのご来館については事前にご連絡ください。
※展示入れ替え期間は休館です。

入館料

18歳以上:500円
18歳未満:300円
小学生以下:無料
※障がいのある方の付添いは無料。

住所

see map

〒169-0051
東京都新宿区西早稲田2-3-18
AVACOビル2F
Tel: (03) 3202 4633
Fax: (03) 3202 4634
E-mail: wam@wam-peace.org
[ お問い合わせメールフォーム ]

● 報道関係者や研究者の方へ

寄付のお願い