展示紹介

第13回特別展
「アジア解放」の美名のもとに インドネシア・日本軍占領下での性暴力

会期:2015年7月1日(水)―2016年6月26日(日)

第13回特別展チラシ (クリックしてPDFファイルを開く)

第13回特別展チラシ
(クリックしてPDFファイルを開く)

1942年3月、日本軍は蘭印軍を破り、蘭領東インド(現在のインドネシア)を占領統治しました。「アジアの解放」をスローガンに掲げた日本軍でしたが、資源と食糧を奪い、男たちを戦場へ動員し、女たちを性奴隷にするという、むき出しの暴力による圧政に、人びとは日本の真意を見抜いていきました。

「ロームシャ」「ヘイホ」「バケロー」などの言葉とならんで、今では「イアンフ」も日本の軍政期の恐ろしい体験を表す言葉として、インドネシアの人びとの間で語り継がれています。日本軍による性暴力を「恥」と考え、口を閉ざしてきた女性たちが、長い沈黙を破り語り始めたからです。

この特別展では、インドネシア、オランダ、韓国、台湾の合わせて70人以上の女性たちの証言から、慰安所での被害を含む日本軍の様々な性暴力の実態を伝えます。被害証言の隣には日本兵の手記を並べました。兵士が記憶する「慰安婦」と被害女性の言葉、そのギャップの意味を考え、加害に向きあうきっかけにしてほしいと願っています。

 第13回特別展チラシ(クリックしてPDFファイルを開く)

第13回特別展チラシ
(クリックしてPDFファイルを開く)

【主な展示内容】

  • インドネシアの歴史と文化
  • オランダによる植民地支配
  • 日本軍の侵略と民衆の動員、性暴力の実態
  • インドネシア女性とオランダ系女性の性暴力被害と戦後
  • インドネシア・日本軍による性暴力被害マップ:被害証言、元兵士の手記、公文書から
  • 戦後インドネシアと人権:軍事強権体制のなかでの女性・民衆への暴力

 パネルの訂正について



開館日・時間

水〜日曜日 13:00〜18:00

閉館日

月・火・祝日・年末年始
※団体でのご来館については事前にご連絡ください。
※展示入れ替え期間は休館です。

入館料

18歳以上:500円
18歳未満:300円
小学生以下:無料
※障がいのある方の付添いは無料。

住所

see map

〒169-0051
東京都新宿区西早稲田2-3-18
AVACOビル2F
Tel: (03) 3202 4633
Fax: (03) 3202 4634
E-mail: wam@wam-peace.org
[ お問い合わせメールフォーム ]

● 報道関係者や研究者の方へ

寄付のお願い