証言,公文書等,様々な文書を徹底調査

資料の詳細

出典種別 公文書・軍関係資料等
現在の地域情報ラウテン県 ラウテン
資料にある地域情報ラウテン
慰安所があった時期
記載内容【原文英語】私はキサル島レベランの村長をしていました。シガ大尉はキサル島を離れる時にある一群の男女を連れて行きました。私の村からはふたりの女が連行されました。私は地区の女のリストをつくってシガに渡さなければなりませんでした。・・・日本軍の兵士や士官は彼らを船に乗せ、キサルからラウテンに向かいました。その後、信頼できる情報源から、連れ去られた女たちは、ラウテンにある日本軍のいわゆる「レストラン」のひとつで働かされていると聞きました。
証言者ジャコブ・モーゼス
証言者属性東ティモール・キサル島レベラン村長
部隊名
資料タイトルBC級オーストラリア裁判(ダーウィン)におけるJacob Mosesの調書
著者、公文書発信者など
公文書宛先
発行日
発行所
ページ
出典備考オーストラリア国立公文書館所蔵、公文書番号:MP742/1, Item 336/1/1724, Part I
備考 日本語訳は、アクティブ・ミュージアム女たちの戦争と平和資料館編『東ティモール 戦争を生きぬいた女たち 日本軍とインドネシア支配の下で wam Catalogue 4』2007.3、10ページより。
テキストのコピーはできません。