証言,公文書等,様々な文書を徹底調査

資料の詳細

出典種別 その他
現在の地域情報チューク州 ファイチュク諸島 ダブロン島
資料にある地域情報トラック島 夏島
慰安所があった時期
記載内容「『廓』を書きましたのは、じつは私は、京都伏見の女郎屋の息子でありまして・・・セミドキュメンタリーな作品になりました。」(「私の創作体験」より)
(夢声 ご著書(小説「廓」第一部)の帯には、自伝的小説と書いてあるんですが・・・鰐口貫太でしたかな、おそろしく勇ましい主人公が出てきますけども、ああいうようなモデルがあったんですか。)
西口 「あれはわたしのおやじです。あのなかに出てくる話は、ほとんど死んだおやじのききとりの記録のなかから引きだしているんです。」
証言者西口克己
証言者属性
部隊名
資料タイトル西口克己-廓と革命と文学と
著者、公文書発信者など追悼集刊行委員会
公文書宛先
発行日1987.3.15
発行所かもがわ出版
ページ10-11,52
出典備考
備考 『廓』の中でトラック島夏島に進出する話がある。
※慰安所マップの地点としては反映させていない。
テキストのコピーはできません。