証言,公文書等,様々な文書を徹底調査

資料の詳細

出典種別 兵士の回想録等
現在の地域情報ソウル特別市
資料にある地域情報京城の街
慰安所があった時期1935年1月
記載内容入隊して一定の期間が過ぎると、初年兵にも外出が許される・・・外出のための必需品として、もう一つ携帯しなければならない大切な品物は”鉄兜”の印のあるゴム製品である。・・・これが無ければ外出は許可されない。・・・私たちの部隊から京城の街の入り口に近い三角地という所まで、テクテク梨泰院の坂をのぼって30分くらいの道程であった。三角地から更に電車に乗って、街の繁華街まで行くのに15分はかかった。
証言者原田一雄
証言者属性
部隊名龍山騎兵第28連隊
資料タイトル馬と兵隊
著者、公文書発信者など原田一雄
公文書宛先
発行日1993.8.1
発行所私家版(山口県宇部市)
ページ19
出典備考
備考 ソウル特別市立鍾路図書館所蔵の地図・京城5万分の1の地図に「京城府」がある。地図の右端である。現在の地図で同所は「ソウル特別市」である。ソウル特別市立鍾路図書館所蔵の地図・京城は次を参照のこと。
http://db.history.go.kr/item/imageViewer.do?levelId=jnm_017_0020_0030
※慰安所マップの地点としては反映させていない。
テキストのコピーはできません。