証言,公文書等,様々な文書を徹底調査

資料の詳細

出典種別 兵士の回想録等
現在の地域情報慶尚南道 昌原市
資料にある地域情報馬山
慰安所があった時期1937年3月頃
記載内容3ヶ月して一期の検閲が終ると、日曜日に外出が許可されるのだ。許可をもらった外出者は兵舎の前に整列して、週番下士官の服装検査を受け、外出証とコンドーム(鉄兜・突撃一番と言った)各2個ずつを渡される。・・・営門の衛兵に外出証を見せ、足早に町に出る。カフェーや食堂で酒を飲み食事をして、後は遊廓に行く。新馬山街には日本人の妓を置いた遊廓が、旧馬山街には朝鮮の妓生が置かれている遊廓があった。ここで若いエネルギーを発散させた。
証言者谷本光生
証言者属性日本軍兵士
部隊名
資料タイトル運命と偶然―私の軍隊生活
著者、公文書発信者など谷本光生
公文書宛先
発行日2001.11.15
発行所文芸社
ページ98-99
出典備考注:著者プロフィールに「昭和11年12月~14年3月 朝鮮馬山重砲兵連隊入営」とある。本文の「3ヶ月して」とは1937年3月頃のことか。
備考 著者プロフィールに「昭和11年12月~14年3月 朝鮮馬山重砲兵連隊入営」とある。
※慰安所マップの地点としては反映させていない。
テキストのコピーはできません。