証言,公文書等,様々な文書を徹底調査

資料の詳細

出典種別 被害証言
現在の地域情報コロール州
資料にある地域情報コロール
慰安所があった時期
記載内容パラオの正月。本願寺の鐘が一応コーンといって正月だわね。・・・南洋だって正月にはみんな紋付きを着ますよ。・・・「徳之家」には、仲居で行ったんですよ。34のときだったかね。料理屋だから「トキワ」と同じようなもんだわね。ずっと大きい娼家だけど、・・・サイパンには「徳之家」ほど大きい料理屋はなかった。芸者と酌婦で5、60人はいたんじゃないですか。・・・コロールには同じくらいの料理屋が10軒はあったと思ったね。・・・鰹が獲れて獲れて・・・全部鰹節にして内地に送るんです。だから、料理屋も繁昌して、「鶴之家」とか「甲陽館」とか、予約をしないとダメな娼家もあった。
証言者高梨タカ
証言者属性日本人被害者
部隊名
資料タイトル日の丸を腰に巻いて 鉄火娼婦・高梨タカ一代記
著者、公文書発信者など玉井紀子
公文書宛先
発行日1984.5.31
発行所現代史出版会
ページ69-70
出典備考注:偶然かも知れないが、a-0523の写真がちょうど本資料の正月風景の描写と一致している。本資料の表紙カバーにはその写真を使っている。
備考
※慰安所マップの地点としては反映させていない。
テキストのコピーはできません。