証言,公文書等,様々な文書を徹底調査

資料の詳細

出典種別 被害証言
現在の地域情報バベルダオブ島 ガラスマオ
資料にある地域情報カラスモウ
慰安所があった時期
記載内容紅樹園の親父は・・・軍部に取り入り、特要員の配布を受け、じつは本島のカラスモウでの慰安所経営で腕をあげていた。・・・カラスモウは本島の艦隊泊地である。・・・カラスモウは太平洋戦争の開戦時には、京都師団を名古屋港で乗せた榛名丸や、妙高丸、和浦丸、清川丸が駆逐艦をしたがえて泊地となしたあと、フィリピンのレガスピー攻略に向っていった。そのカラスモウにある内田の経営する慰安所は、本島守備隊、鉱石採掘の軍属たち、本島開拓の農事者などに利用させていた。
証言者不明
証言者属性日本人被害者
部隊名
資料タイトル慰安婦たちの太平洋戦争
著者、公文書発信者など山田盟子
公文書宛先
発行日1991.9.29
発行所光人社
ページ178-189
出典備考証言者は城田すず子と思われるが、出典が明確ではないため慰安所カウントはしない。
備考 証言者は城田すず子と思われるが、出典が明確ではないため慰安所カウントはしない。
※慰安所マップの地点としては反映させていない。
テキストのコピーはできません。