証言,公文書等,様々な文書を徹底調査

資料の詳細

出典種別 兵士の回想録等
現在の地域情報黒龍江省 佳木斯市 富錦市
資料にある地域情報満洲の富錦
慰安所があった時期
記載内容街は全体に古い。時代がかった洋風の建物が建ち並んで、日本人が経営する日本人向けの料理屋・カフェ・バーなどが、浴場の前の通りに固まっている。松源・千鳥・サクラ・青い塔など。満州くんだりまで流れて来た女達がこびを売る。この松源について覚えていることがある。富錦に来たばかりで満州航空株式会社の飛行場にいた頃、そこの格納庫を会場に使って、演芸大会を大々的に催した。演芸たけなわで、松源の芸者が踊りをした。着物は勿論、廻し合羽に三度笠、髪をまげに結ったやくざ姿、三味・太鼓の音玉よろしく、妻恋道中を踊った。女ひでりの兵隊達はやんややんやの喝采だった。その芸者に将校の誰か、首ったけだったと言うことを後から聞いた。
証言者吉田孝義
証言者属性日本軍兵士
部隊名第34飛行場大隊
資料タイトル第三十四飛行場大隊史
著者、公文書発信者など第34飛行場大隊・戦友会
公文書宛先
発行日1993.6
発行所第34飛行場大隊史編集委員会
ページ228
出典備考吉田孝義「満州時代の想い出」
備考 「芸者に将校の誰か、首ったけだった」との記述がある。/現在の地図の黒竜江省の南東部に佳木斯市(ジャムス市)がある。佳木斯市の東に富錦市がある。
※慰安所マップの地点としては反映させていない。
テキストのコピーはできません。