証言,公文書等,様々な文書を徹底調査

資料の詳細

出典種別 兵士の回想録等
現在の地域情報東北部 地名特定不可能
資料にある地域情報不明
慰安所があった時期
記載内容最悪の事態がついに来た。外に出てみると顔を黒く塗り、頭の毛を焼いた女の人たちが、モンペを破られてひとかたまりになって怯えている。彼女らは淫獣と化した暴徒の餌食になったのであろう。かわいそうだがどうすることも出来ない。またこんな女の人もいた。「私たちは娘さんたちに助けられたのよ、暴徒に襲われたとき娘さんたちがきて、後は私たちが引き受けるから早く逃げて下さい」と。この娘さんたちは日本人の慰安婦の方々だったのだろうか
証言者証言者不明
証言者属性
部隊名
資料タイトル北辺の追憶 終戦五十年記念誌
著者、公文書発信者など黄金子朋友会
公文書宛先
発行日1996.3.1
発行所
ページ31
出典備考
備考 ソ連軍の性暴力。ハルピン駅での出来事。各地から避難していたため、慰安所どこにあったのか、またこの女性たちが「慰安婦」だったのかは、文献からは不明
※慰安所マップの地点としては反映させていない。
テキストのコピーはできません。