証言,公文書等,様々な文書を徹底調査

資料の詳細

出典種別 兵士の回想録等
現在の地域情報西パプア州 マノクワリ
資料にある地域情報マノクワリ
慰安所があった時期
記載内容だいたい、マノクワリは海岸線からすぐ深いジャングルになる。小さな港町で、オランダ人は役人と宣教師がいたくらい。あとは原住民のパプア族の家が、パラパラとあるだけ。・・・「どうしたんだい?なにかイワクがあるのかい?」「大ありでさ。この家は、ピー屋になるはずだったんです」これには、思わず笑ってしまった。「笑いごっちゃありません。あんたがたが着く少し前に、ほんとに、慰安婦を満載した輸送船が、そこの岬のところまできたんだ」兵隊のゴキゲンは、ますます悪くなる。「それが、わしらの見ている前で……」かれは、いまいましそうに、船が沈没する形を手でつくってみせて、わたしの顔をにらみつけた。潜水艦にやられたのだ。「ピー屋変じて、軍司令部か」とはいったものの、待望の生仏サマを目の前で沈められた痛憤は、わからないでもなかった。
証言者加東大介
証言者属性日本軍兵士
部隊名
資料タイトル南の島に雪が降る
著者、公文書発信者など加東大介
公文書宛先
発行日1961.9.10
発行所文芸春秋新社
ページ36-37
出典備考
備考 現在の地図の西パプアにマノクワリManokwariがある。亀の形をしたニューギニア島の頭部付近である。
※慰安所マップの地点としては反映させていない。
テキストのコピーはできません。