証言,公文書等,様々な文書を徹底調査

資料の詳細

出典種別 兵士の回想録等
現在の地域情報パゴー管区 パゴー県 パゴー郡区
資料にある地域情報ペグー山中
慰安所があった時期
記載内容どこからきたのか、慰安所の女たちも、この険しい山路をテクテク歩いていた。ダブダブの兵隊服に戦闘帽、巻き脚絆(きゃはん)をつけていた。言葉づかいから広東娘と思われた。他国の戦乱にまきこまれ、生死の淵にあえいでいるかと思うと、哀れさが先に立った。しかし「商女ハ知ラズ亡国ノ恨ミ」というか、もともと逆境育ちの彼女たちである。体力は見かけによらず、意外と強かった。つぎの集結地まで1人の落伍者もなく、歩きとおした。
証言者福永勝美
証言者属性日本軍兵士
部隊名独立自動車第55大隊
資料タイトルビルマの地獄戦-第二次大戦秘話
著者、公文書発信者など福永勝美
公文書宛先
発行日1984.6.5
発行所雄山閣出版
ページ134
出典備考注:山の中の撤退中の出来事。127pの地図にマヤンの記載がある。「ペグー山系の中央よりすこし東麓によったマヤンへ向かった」時期のこと。
備考 山の中の撤退中の出来事。慰安所に関する詳細不明。
※慰安所マップの地点としては反映させていない。
テキストのコピーはできません。