証言,公文書等,様々な文書を徹底調査

資料の詳細

出典種別 兵士の回想録等
現在の地域情報パゴー管区 パゴー県 地名特定不可能
資料にある地域情報ペグー山中
慰安所があった時期
記載内容「海軍部隊ですか?」「そうです。深見部隊です」「そうですか。私は振武の西迫少佐です。我々が最後尾で本隊を追及中です。ここから数日の工程の山中に兵団司令部があり、長沢閣下もそこに居られます」・・・
この西迫部隊を見送っていると、後尾に少し様子の違う兵隊が数名居た。軍服も少しだぶついている。よく見るとそれは女性であった。看護婦なのだろうか、それとも慰安婦なのだろうか。頭も短く刈っているが、青白い顔立ちが、ほかの兵隊達と際立って違っていた。その中の1人は短い天秤棒を担ぎ、前後に籐の籠が吊るしてあった。いたわりの言葉でもかけようとして、ふと前の籠を見ると、雨除けにかぶせてあったバナナの葉の間から、赤ん坊の姿がチラリと目に飛び込んで来た。私は一瞬ギクリとして息を呑んだ。
証言者堤新三
証言者属性日本軍兵士
部隊名陸軍振武兵団 西迫隊
資料タイトル鬼哭啾啾
著者、公文書発信者など堤新三
公文書宛先
発行日1981.12.30
発行所毎日新聞社
ページ80-81
出典備考山の中を撤退中の出来事。直前の通過地点は「シンテサカン」とあるが不明。52pに深見部隊の転進コースが記載されているがシンテサカン記載なし。
備考 山の中を撤退中の出来事。慰安所に関する詳細不明。
※慰安所マップの地点としては反映させていない。
テキストのコピーはできません。