証言,公文書等,様々な文書を徹底調査

資料の詳細

出典種別 兵士の回想録等
現在の地域情報パゴー管区 パゴー県 地名特定不可能
資料にある地域情報メザリ
慰安所があった時期
記載内容さてわれわれも1日、2日と否応なしに、先着者と同じ境遇に馴らされていく。同時に山の中の様子も少しづつ解ってきた。軍司令部の在るメザリには、日本人の慰安婦も十数名集結しており、彼女等も将校用の軍服を着用して、健気に振舞っていた。彼女らのうち果して何人が最終的に内地に生還したか、わたしは知らない。・・・
山中の生活に少しづつ馴れると共に、幸いなことに、われわれは工兵であり、道路隊であったため、再び「策」輸送隊の指揮下に入って、道路偵察並びに路開補修も任ずることになった。
証言者牧野治
証言者属性日本軍兵士
部隊名
資料タイトルビルマ敗戦記-アラカン脱出とシッタン渡河-
著者、公文書発信者など牧野治
公文書宛先
発行日1993.8
発行所私家版
ページ90
出典備考撤退中に通過した地点。慰安所に関する詳細不明。
備考 撤退中に通過した地点。慰安所に関する詳細不明。
※慰安所マップの地点としては反映させていない。
テキストのコピーはできません。