証言,公文書等,様々な文書を徹底調査

資料の詳細

出典種別 兵士の回想録等
現在の地域情報パゴー管区 パゴー県 地名特定不可能
資料にある地域情報メザリ
慰安所があった時期
記載内容なかでも哀れを誘うのは、慰安婦の集団だった。体を張って稼いだ軍票の束を、後生大事と体にくくりつけて兵隊同様、筏を河に乗り入れた。水を含ふくんだ札束は、あまりに重かった。まして女のやさ腕で、激流に立ち向かうのは過酷すぎる。なぜ傷病兵といっしょに舟で渡さなかったのか。彼女らはことごとく水に流された。メザリのバンガローで彼女らが、一抱えもある札束を、日に当てて乾かしているのを見たが、おそらく背嚢一杯はあったのではないか。
証言者斉藤新二
証言者属性日本軍兵士
部隊名第29軍司令部軍楽隊、扶桑隊
資料タイトル軍楽兵よもやま物語-第二十八軍軍楽隊ビルマ戦記-
著者、公文書発信者など斉藤新二
公文書宛先
発行日1995.2.28
発行所光人社
ページ153
出典備考撤退中の出来事。慰安所に関する詳細不明。
備考 撤退中の出来事。慰安所に関する詳細不明。
※慰安所マップの地点としては反映させていない。
テキストのコピーはできません。