証言,公文書等,様々な文書を徹底調査

資料の詳細

出典種別 兵士の回想録等
現在の地域情報シャン州
資料にある地域情報シャン高原 ケマピュー
慰安所があった時期
記載内容高原の平地を数時間歩いたのち川を越え、4月下旬、ロイコー付近に到着した。このころ第15軍命令が、つぎのように下達された。
一、第31・第33師団長ハ現在ノ編組内ニ在ル部隊ヲ指揮シ、補給コレヲ許ス限リ多クノ兵力ヲ「ケマピュー」経由南下セシメ、爾余ノ部隊ヲ以テ「トング―」東北地区ニ至リ、弾薬糧秣ヲ補充携行ノ上、最モ速カニ、「パプン」ヲ経テ「ビリン」及ビ「タトン」付近ニ向ヒ急進シ、方面軍ノ指揮下ニ入ルヘシ。
二、31師団長ハ前項両師団ノ転進ヲ考慮シ、現ニ「モーチ」付近ニ在ル歩兵一大隊ヲ以テ付近ノ討伐ヲ実施セシムヘシ。ソノ部隊ノ転進時期ハ別命ス。
われわれはこの命令により、トングー進出を中止して、ケマピュー、パプン、ビリンをへて、モールメンにいたる苛酷な行軍を敢行することになった。・・・「女だっ」だれかが叫んだ。そうだとすれば、軍隊と行動をともにしているのは、慰安婦以外には考えられない。「師団のやつら、女たちまで連れて歩いていたのか」・・・慰安婦も女の身で軍に協力しつつ、こんな苦労を味わうとは哀れな人生だなと思う。6名の彼女たちの運命に幸いあらず、山を越えることができずに死んだと、人づてに聞いた。
証言者井坂源嗣
証言者属性日本軍兵士
部隊名
資料タイトル弓兵団インパール戦記
著者、公文書発信者など井坂源嗣
公文書宛先
発行日1987.12.4
発行所光人社
ページ209-211
出典備考本資料は単行本。文庫本は光人社NF文庫2008.11.17刊、361-366ページ
備考 軍と共に敗走中、慰安所に関する詳細不明。
※慰安所マップの地点としては反映させていない。
テキストのコピーはできません。