証言,公文書等,様々な文書を徹底調査

資料の詳細

出典種別 目撃証言
現在の地域情報大阪府 大阪市
資料にある地域情報大阪陸軍偕行社
慰安所があった時期1945年
記載内容空襲におびやかされながらも必勝を信じていた1945年の私は、19歳。大阪陸軍偕行社に勤めておりました。・・・ここは大阪心斎橋の北詰、大阪で屈指の料亭「播半」を陸軍が買い入れ、将校だけの宿泊所である陸軍偕行社。・・・私たちがおしゃべりをしている時、「なんだ、こんなつまらない所に集まっておしゃべりなんかして」と横顔みせた若い将校がありました。思わず私は胸がドキリとしました。大変に美しい人だったのです。「こんな子供の遊びなんか止めてしまえ。これからは大人の時間だぞ。さあ、ピー屋へ行こう。」みんなをさそうとくるりと向きをかえました。もう一方の横顔がそこにありました。負傷で焼けただれた人間の顔とも思えないような肉のかたまりが。右と左の横顔を持った、部隊一の美男子だったというこの軍人さんはピー屋という所へ出かけていきました。
証言者大谷美江子
証言者属性陸軍偕行社勤務
部隊名
資料タイトルわだつみの声は わが胸に
著者、公文書発信者などどくしんふじん連盟編
公文書宛先
発行日1968.12.1
発行所若樹書房
ページ21-23
出典備考大谷美江子「陸軍偕行社」
備考 播半は大阪市や西宮市にあった。大阪陸軍偕行社に来ていた将校が大阪市内のピー屋に出かけて行ったという証言である。
※慰安所マップの地点としては反映させていない。
テキストのコピーはできません。