証言,公文書等,様々な文書を徹底調査

資料の詳細

出典種別 目撃証言
現在の地域情報奈良県 吉野郡 野迫川村 立里
資料にある地域情報立里
慰安所があった時期
記載内容慰安所は軍慰安所と企業慰安所があるが、立里銅山は企業慰安所にあたる。企業慰安所といっても企業が勝手に設けたというものではなく、軍が何らかの指導、監督を行って設けられたものだ。軍慰安所の変形ともいえる。地元の調査では、日本人の元抗夫中田さんは「朝鮮人抗夫には利用券が月に1回ほど支給されていた」「日本人はなるべく使用するなと言われた。それは朝鮮人用に設けたと言っていた」との証言を得たほか、「慰安所は宿舎近くにあり、一杯飲むことができる場で、土間にテーブルが2つほどあり、奥が部屋になっていた」(佐藤さんの証言)と、企業慰安所が存在したことはわかっていた。また慰安所にいた女性は日本人であったことも証言をえていた。
証言者中田さん、佐藤さん
証言者属性日本人元抗夫、不明
部隊名
資料タイトル金屋淵鉱業所と朝鮮人強制連行
著者、公文書発信者など奈良県での朝鮮人強制連行等に関わる資料を発掘する会事務局
公文書宛先
発行日1996.10.25
発行所奈良県での朝鮮人強制連行等に関わる資料を発掘する会
ページ23-25
出典備考
備考 労務慰安所と思われる。高野町の東南に大字立里がある。この立里は野迫川村の一部である。
※慰安所マップの地点としては反映させていない。
テキストのコピーはできません。