証言,公文書等,様々な文書を徹底調査

資料の詳細

出典種別 兵士の回想録等
現在の地域情報広島県 呉市
資料にある地域情報
慰安所があった時期
記載内容久方振りに浩然の気を養った思いの乗員は、「龍鳳」をともなって、内地呉に向かった。・・・宵越しの銭は持たない。いくら駆逐艦乗りは給料がよいからといって、上陸のたびに遊廓に入りびたりになれば、たちまちにしてオケラになる。安田2曹の魂胆はそこにあり、井上のお金を狙っているふしがある。今度ばかりは断りきれないだろう。・・・井上特年兵の給料は大体20円くらい、航海加俸が加算されると、30円くらいになる。村の助役か、収入役なみである。とくに駆逐艦乗りはたえず航海しているので、他の戦艦や巡洋艦と比較にならないほど高給をもらっていた。ちなみに、女郎買いの値段が、ちょいの間(1回)が1円、泊りが3円である。
証言者井上理二
証言者属性日本軍兵士
部隊名
資料タイトル駆逐艦磯風と三人の特年兵
著者、公文書発信者など井上理二
公文書宛先
発行日1999.10.7
発行所光人社
ページ272-273
出典備考
備考 広島市の南東の海岸沿いに呉市はある。
※慰安所マップの地点としては反映させていない。
テキストのコピーはできません。