証言,公文書等,様々な文書を徹底調査

資料の詳細

出典種別 兵士の回想録等
現在の地域情報長崎県 佐世保市
資料にある地域情報佐世保
慰安所があった時期
記載内容新軍医長原中尉は実績のある『山』(万松楼)でMMK(モテテモテテコマル)でした。・・・万松楼(通称「山」)は駅付近で、坂之上にあったはずだと、それらしき坂を登ってみたが、まったく見当がつかない。あきらめて観光バスに乗り込んだ。出発してすぐ、「右手高台の上の建物は万松楼ホテルでございマス。昔、伊藤博文公は命名され万松楼と申し、東郷元帥(佐世保鎮守府長官時代)もお遊びになったところでございマース」とガイドの声。
証言者御園生一哉
証言者属性日本軍兵士
部隊名高栄丸
資料タイトル比島軍医戦記
著者、公文書発信者など御園生一哉
公文書宛先
発行日1983.1.15
発行所図書出版社
ページ46-47
出典備考
備考 現在の地図の伊万里市の西方の海岸沿いに佐世保市がある。
※慰安所マップの地点としては反映させていない。
テキストのコピーはできません。