証言,公文書等,様々な文書を徹底調査

資料の詳細

出典種別 被害証言
現在の地域情報地名特定不可能
資料にある地域情報大阪
慰安所があった時期
記載内容役所の日本人から「兄にも会わせる。日本に金儲けに行こう」と誘われ、隣の家の娘と2人で1945年正月に釜山から船に乗りました。下関で別の日本人スハラに引き渡され、広島の家で強かんされました。工場の兄に面会すると「朝鮮に帰れ」と言われましたが、さらに別の日本人に引き渡され大阪の倉庫で、兵隊相手の「慰安婦」生活を強いられました。布団1枚敷けるだけの広さの部屋で、外には自由に出られず、空襲があっても部屋の中に残されました。週に1回検診があり、性病予防の注射を打たれましたが性病にかかり、兵隊の相手ができないため追い出され、解放されました。金はくれませんでしたが、汽車の乗車券を渡され、7月末にソウルの家に戻りました。
証言者金卿順
証言者属性朝鮮人被害者
部隊名
資料タイトル写真記録 破られた沈黙
著者、公文書発信者など伊藤孝司
公文書宛先
発行日1993.7
発行所風媒社
ページ92-95
出典備考仮名:崔明順
備考 1945年の大阪に軍慰安所があったかについては要調査。
※慰安所マップの地点としては反映させていない。
テキストのコピーはできません。