証言,公文書等,様々な文書を徹底調査

資料の詳細

出典種別 兵士の回想録等
現在の地域情報沖縄県 中頭郡 北中城村 字喜舎場
資料にある地域情報喜舎場国民学校近くの壕
慰安所があった時期
記載内容そのとき、隣の壕から炭坑節が聞こえてきた。全部女性の声だけにぎくりとした。そっと見にいくと、薄暗い明りのなかに、若い女性が7, 8名いた。よく見ると加賀部隊専属の慰安婦たちで、年配のおかあさんと呼ばれている女性には見覚えがあった。慰安婦といっても軍属であり、食糧は配給していたので、ときどき炊事へとりにきていた。「こちらの壕に牛肉や、缶詰めや、酒があるから食べにこないか」とさそい、宴会がはじまった。この女性たちは九州出身がほとんどであった。前日、解散を命じられ、「自由行動をとれ」といわれ、どうしてよいのか困っているとのことだった。「あす未明に南部の方へいくほうがよい」といって送別会の宴とかわった。不安をふきとばそうと全力をふりしぼって歌う彼女たちの声は、米軍陣地に聞こえないかと心配したくらいだった。翌未明、彼女たちは南部へ向かって出発したが、その後ついに再会しなかった。どこかで戦死したことであろう。ちり紙にも劣る紙幣を後生大事にもっていても、食糧はなく、壕も南部にゆくほど満員になる状態では、身をかくすところもなかったろうし、その生命は、数日ともたなかったのではないかと、気の毒であった。
証言者松木謙治郎
証言者属性
部隊名石部隊
資料タイトル阪神タイガース 松木一等兵の沖縄捕虜記
著者、公文書発信者など松木謙治郎
公文書宛先
発行日1974.7.5
発行所恒文社
ページ31
出典備考注:自由解散を命じられた慰安所の場所は不明。
備考 喜舎場国民学校は現在の北中城小学校。
※慰安所マップの地点としては反映させていない。
テキストのコピーはできません。