日本語 English
戦時性暴力、「慰安婦」問題の被害と加害を伝える日本初の資料館

人種差別撤廃委員会の所見

2018年8月30日、人種差別撤廃委員会日本審査の所見が公表されました。日本軍「慰安婦」に関する部分は以下の通り:


“Comfort Women”
27. While noting information provided by the State party on the efforts to resolve the issue of “comfort women,” including the recent agreement with the Republic of Korea in 2015, the Committee is concerned at reports that these efforts do not take a fully victim-centred approach, that the surviving “comfort women” were not adequately consulted and that this solution did not provide unequivocal responsibility for the human rights violations committed against these women by the military before and during WWII. The Committee is also concerned by statements of some public officials minimizing the responsibility of the Government in respect to “comfort women” and their potential negative impact on survivors.

28. The Committee recommends that the State party ensure a lasting solution to the issue of “comfort women” with a victim-centred approach, inclusive of “comfort women” of all nationalities, accepting responsibility for its role in the violation of the human rights of these women. The Committee requests detailed information in its next periodic report on efforts to achieve resolution of the issue of “comfort women”, including adequate measures to surviving “comfort women” and their families.

 

【人種差別撤廃NGOネットワーク仮訳】

「慰安婦」

27.2015年の大韓民国との最近の合意を含む、「慰安婦」問題を解決する努力に関して締約国が提供した情報に留意する一方で、委員会は、これらの努力が十分な被害者中心のアプローチをとっていないこと、存命の「慰安婦」は適切に相談を受けていないこと、第二次世界大戦以前および大戦中に、軍によってこれらの女性になされた人権侵害について、この解決は明白な責任を規定していないこと、とする報告に懸念する。委員会はまた、「慰安婦」に関する政府の責任を矮小化する一部の公人の発言と、そうした発言がサバイバーに与える潜在的な否定的影響を懸念する。

28.委員会は、締約国が、被害者中心アプローチを伴い、あらゆる国籍の「慰安婦」を包摂し、これらの女性たちに対する人権侵害において締約国が果たした役割について責任を受け入れた、「慰安婦」問題の永続的な解決を確保するよう勧告する。委員会は、次回の定期報告書において、生存する「慰安婦」とその家族への十分な施策を含む「慰安婦」問題の解決を達成するための努力について詳細な情報を求める。


最終所見全文はこちら(外部サイトのPDFにリンクします)