日本語 English
戦時性暴力、「慰安婦」問題の被害と加害を伝える日本初の資料館

【重要】wamの新型コロナウィルス感染症対策について

新型コロナウィルス感染症の拡大に伴い、wamでは3月4日(水)から15日(日)に臨時休館、その後は5月末まで土日のみの開館としてきました。今般の緊急事態宣言の解除に伴い、6月3日(水)からは通常どおり(水曜から日曜日の午後1時から6時まで)に開館いたします。通常開館再開に際しての、感染予防のための館内対応は以下のとおりです。

ご来館のみなさまへのお願い:

  • エントランスにお名前と連絡先(電話番号)を記入する用紙を用意しますので、記入の上ご入館ください。
    ※ 個人情報は新型コロナウィルス感染症に関する連絡の必要が生じた時にのみ利用し、ほかの目的には利用しません。
  • 手指の消毒のためのスプレーを用意しますのでご利用ください。
  • 来館時には、マスクをご着用ください。
  • 発熱・咳など、体調不良の際のご来館はお控えください。

wamの対策:

  • 団体の受付および展示ガイドはしばらくの間、中止します。
  • 館内見学者の上限を10名とし、超える場合には入館制限を行います。
  • 館内の換気をよくするため、窓を少しあけて、サーキュレーターを回します。
  • 館内の消毒(アルコール消毒液等による拭き掃除)を定期的に行います。

みなさまのご理解とご協力を、どうぞよろしくお願いします。

2020年5月31日
アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)