日本語 English
戦時性暴力、「慰安婦」問題の被害と加害を伝える日本初の資料館

「wamだより」VOL.37(2017.12)

wam_vol37のサムネイル
  • 巻頭言
  • 特集 wam国際シンポジウム
     国家による人権侵害の記録をどう保存していくのか
  • ユネスコ「世界の記憶」の不可解な延期
  • 3回目の国連人権委員会UPR、「慰安婦」問題での勧告続く
  • 報告 wam第15回特別展 連続セミナー vol.1 (1)~(3)
  • 報告 緊急セミナー 関東大震災時の朝鮮人虐殺
  • 交流からさらなる展開を! 高麗博物館・wam相互見学会
  • ナヌムの家に、念願の遺品館と追悼館がオープン!
  • wamパネル巡回
  • 連載 ベルリンからの風 Vol.13 日本軍性奴隷制の映画月間
  • 連載 扉をひらく 13  山西省盂県の被害女性6人との出会い(安達洋子)
  • 連載 被害女性たちの今 【中国山西省】
  • 「この本読んで!」寄贈図書自薦コーナー
  • イベントカレンダー
  • wamデータ
  • アーカイブズ雑学
【巻頭ページ】

キャンドルが瞬いた「女性に対する暴力撤廃国際デー」

池田恵理子(wam館長)

11 月25 日の夜、ソウルの大規模集会に連帯して、渋谷駅西口で「女性に対する暴力撤廃国際デー」のキャンドルアクションが行われ、400 人もが歩道橋に連なって、キャンドル(蛍光ペンライト)を手にトークや歌を聴きました。

主催団体の柴洋子さんやwam の池田恵理子は、「慰安婦」問題を否定する日本政府による深刻な状況を語りました。ネパールの支援活動で知られる田中雅子さんや、ヒューマンライツ・ナウでAV 出演強要やセクハラ被害に取り組んでいる伊藤和子さん、「日本女性の15 人に一人は性暴力被害者」と訴える女性と人権全国ネットワークの佐藤香さんたちも、「女性への暴力の問題はすべて地続きだ」と語りました。安保法制違憲訴訟・女の会の亀永能布子さんは「戦争は差別と暴力の究極の形。戦争を起こさせては

ならない」と強調し、沖縄・一坪反戦地主会関東ブロックの青木初子さんは、米軍基地下の沖縄での性暴力の蔓延を訴えました。誰もが、「慰安婦」問題が未解決であることと現代の性暴力問題の繋がりを指摘していたのが印象的でした。

まさに今、性暴力被害を訴える女性たちの声が世界に溢れています。ハリウッドから始まった「#Metoo(私も)」運動は各国に広がりました。日本では伊藤詩織さんの強かん事件が政治権力によって抑え込まれることへの怒りが沸騰。サンフランシスコ市(以下SF)に「慰安婦」の少女像を建てさせまいと躍起になった大阪市長や安倍首相への非難も高まっています。

SF と言えば、この1 週間前、ユネスコの世界記憶遺産に「『慰安婦』の声」を共同申請した各国の関係者がソウルに集まった時、少女像の建立に尽力したSF の「慰安婦正義連帯」(CWJC)を代表する二人(元判事)、リリアン・シンさんとジュリー・タンさんも参加しました。彼女たちの猛烈パワフルなスピーチには元気づけられました。

日本政府はユネスコへの登録を阻止しようと必死ですが(詳しくは6 ページ)、皮肉なことに彼らが「慰安婦」の事実を否定すればするほど、世界各地に少女像が増殖していきます。実に恥ずかしい事態です。でも、私たち市民同士の信頼関係と友情は揺るぎません。国際連帯は一層強まってきたことを実感するこの頃です。