日本語 English
戦時性暴力、「慰安婦」問題の被害と加害を伝える日本初の資料館

〔改訂版〕wamカタログ4 東ティモール・戦争を生きぬいた女たち―日本軍とインドネシア支配の下で

目次
1 東ティモールの歴史と日本軍の侵略
2 軍隊による性暴力被害
3 正義を求める女たちの闘い

アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」編
定価:1,545円
頁数:フルカラー 48頁
発行:2012年5月

第4回特別展「東ティモール・戦争を生きぬいた女たち―日本軍とインドネシアの支配の下で―」(2006年12月16日~2007年5月27日)の展示カタログを、東ティモールの独立10周年の2012年に再版しました。日本軍に占領された東ティモールでは駐屯地ごとに多くの女性たちが「慰安婦」にされました。戦後はインドネシア軍による性暴力が頻発しますが事実は隠されたままでした。独立間もないこの国で明らかになりつつある被害実態が一挙にわかるカタログです。