日本語 English
戦時性暴力、「慰安婦」問題の被害と加害を伝える日本初の資料館

韓国の日本軍「慰安婦」支援団体をめぐって【ナヌムの家】

「ナヌムの家」をめぐる状況について、これまで支援をしてきた多くの方が心配なさっていると思いますが、日本語での関連情報は少なく、テレビ番組では団体存続のために不正をしているような報道がなされています。

そこで、関係者から提供された資料を掲載します。資料からは、日本軍「慰安婦」として被害を受けた女性たちの支援のためにこそ、スタッフが「内部告発」という形で不正をただそうとしている状況がわかると思います。

 

1)「ナヌムの家」実務スタッフによる資料

2020.5.19 「ナヌムの家」実務スタッフによる報道資料 ≫ PDF(日本語) ≫ PDF(English)

2020.5.19 wam会員MLに投稿された説明

*上記は、2020年5月19日にMBC放送「PD手帳」でのこの件が取り上げられることになって公表された資料です。

2020.6.9 wam会員MLに投稿された情報提供「ナヌムの家で発生した問題解決に向けた韓国の大統領府への請願」
*「韓国国籍」でなくても請願に署名できます。
青瓦台の請願のページの下の方にある紺色のボタンをクリックすると「LINE・Facebook・カカオ・Naver」のSNSアカウントからのログインを求められ、ログインすると元の請願の画面に戻ります。そのページで再度、同じ紺色のボタンをクリックすると請願への署名が完了します。

2)関係団体による資料

2020.5.24 韓国市民団体の連名による内部告発支持とナヌムの家の改善を求める声明書

2020.5.25 ナヌムの家の所在地(元堂2里)住民による公益情報提供者(内部告発者)への支持声明文

2020.6.20 声明文「ナヌムの家7 名の実務者の告発を支持します!」(「慰安婦」問題にとりくむ福岡ネットワーク、戦後責任を問う・関釜裁判を支援する会有志)≫ PDF(日本語) ≫ PDF(韓国語)

Last updated: 2020.6.24